公園・広場整備

更新日:平成30年11月13日

 

古い木造住宅の除却跡地などに、防火水槽を設けた公園や、広場を整備していきます。

ふだんは地域の方々に親しまれる憩いの場として、また災害が発生したときは一時的な避難地や防災拠点として使われます。

火事のときには燃え広がりを防ぐ空間としての役割も果します。

公園・広場

― 事例 ―

内容オープンスペースの確保(主要生活道路の拡幅、小公園の設置)
変化

・日常は地域の色々な世代の方のふれあいの場となり、災害時には一時的な避難地や防災拠点となった
・通学路となる歩道の整備を同時に行うことにより広いオープンスペース(空地)が確保された

整備前後の写真

公園・広場 整備前後

場所守口市佐太中町

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築防災課 密集市街地対策グループ

ここまで本文です。