住まうビジョン・大阪

更新日:平成28年12月21日

目的

 「住まう」ということは、人々のくらし・あらゆる活動の原点となるものであり、さらに、地域や都市の活力を生み出すものです。人々の「住まう」を支える住まいと都市の創造を通じて、府民一人ひとりの安全・安心で豊かなくらしを実現するとともに、大阪の活力を維持・発展させることが住宅まちづくり政策の重要な使命です。

 大阪は、働く場が豊富で、職住の近接性や交通利便性、生活利便性が高いといった大都市としての魅力と、大都市でありながら、人情味ある府民性、身近に豊かな自然や歴史・伝統文化に触れることができ、くらしやすいという魅力を兼ね備えています。そんな大阪ならではの魅力を存分に活かし、「住まうなら大阪」と思える、多様な人々が住まい、訪れる居住魅力あふれる都市を創造していくことが、今後の住宅まちづくり政策において求められています。

 このため、人々の「住まう」に着目し、今後の住宅まちづくり政策がめざすべき目標、政策の枠組みや施策の展開の方向性を示す「住まうビジョン・大阪」を策定しました。本ビジョンに基づき、大阪府、市町村、公的団体、事業者、NPO、府民など、住宅まちづくりに関わる様々な主体が連携・協働を図り、施策を一体的かつ総合的に展開していきます。

位置づけ

 本ビジョンは、住生活基本法に基づく、「大阪府住生活基本計画」として策定するものであり、「将来ビジョン・大阪」をはじめとする上位・関連計画と連携・整合を図ります。

 位置づけ

期間

  本ビジョンの計画期間は、2016(平成28)年度から2025(平成37)年度までの10年間とします。
なお、長期的な目標を提示する観点から10年間の計画期間としていますが、計画の達成状況の評価や社会・経済の変化、関連する計画との整合性などから、概ね5年を基本として、必要に応じて計画の見直しを行います。

概要

住まうビジョン・大阪(概要) [PDFファイル/900KB]
住まうビジョン・大阪(概要) [Powerpontファイル/139KB]

リーフレット

住まうビジョン・大阪(リーフレット) [PDFファイル/2.52MB]

全文

住まうビジョン・大阪(全文) [PDFファイル/5.2MB]
住まうビジョン・大阪(全文) [Wordファイル/43.43MB]

参考資料

住生活基本法、住生活基本計画(全国計画)、「住まうビジョン・大阪」検討経過

参考資料 [PDFファイル/877KB]
参考資料 [Wordファイル/125KB]

目次

「住まうビジョン・大阪」の目的、位置付け、期間

1章 住宅まちづくり政策の基本的な方針
1.基本的な考え方と基本目標
2.政策展開の方向性
3.施策の柱立て
4.施策展開の視点
5.居住魅力あふれる大阪での多様な住まい方(将来イメージ)
6.基本目標の達成状況把握のための指標

2章 基本目標の実現に向けた施策の方向性
1.国内外から多様な人々を惹きつける住まいと都市の実現
(1)活力と魅力ある都市空間の創造
(2)多様で魅力的な住まいを選択できる環境の整備
(3)大阪の魅力を活かした移住・定住促進

2.活き活きとくらすことができる住まいと都市の実現
(1)多様な機能を備えた都市の形成
(2)誰もが活き活きとくらすことができる環境の整備
(3)活力ある住宅市場の形成

3.環境にやさしく快適にくらすことができる住まいと都市の実現
(1)快適性の高い都市の形成
(2)環境にやさしく快適な住宅・建築物の普及
(3)環境と調和したライフスタイルの普及

4.安全を支える住まいと都市の実現
(1)災害に強い都市の形成
(2)住宅・建築物の耐震化
(3)大規模災害発生時に備えた体制の整備
(4)住まいとまちづくりにおける様々な安全性への対応

5.安心してくらすことができる住まいと都市の実現
(1)住み慣れた地域で安心してくらすことができる都市の形成
(2)住宅ストック全体を活用した府民の居住の安定確保
(3)不動産取引等における差別の解消
(4)健全な住宅関連産業の育成

3章 重点的に取り組む施策
(1)大阪らしいストック・ポテンシャルを活かした魅力ある都市空間の形成
(2)大阪に住まう魅力の情報発信による若年・子育て世代の移住や定住の促進
(3)空家の多様な活用による居住魅力の向上
(4)公的賃貸住宅ストックを活用した子育てしやすいまちづくりの推進
(5)省エネ化の推進による大阪の住まいの魅力向上
(6)密集市街地における魅力あるまちづくりの推進
(7)地域特性に応じた総合的な施策展開による耐震化の促進
(8)あんしん住まいの充実による居住魅力の向上

4章 地域特性を踏まえた施策の展開方向、住宅の供給等及び住宅地の供給に関する方針
1.地域特性を踏まえた施策の展開方向
(1)木造住宅が密集する地域
(2)歴史的まちなみなどの景観資源がある地域
(3)住宅と工場等が混在する地域
(4)大規模な公的賃貸住宅団地のある地域
(5)同和地区を含む旧地域改善向け公営・改良住宅が建設された地域
(6)高度経済成長期を中心に整備されたニュータウン
(7)新たに整備が進む計画的市街地
(8)農山漁村など豊かな自然を有する地域

2.住宅の供給等及び住宅地の供給に関する方針
(1)住宅の供給等及び住宅地の供給に関する基本方針
(2)住宅の供給等及び住宅地の供給を重点的に図るべき地域に関する事項並びに当該地域における住宅の供給等及び住宅地の供給の促進策
(3)公営住宅の供給目標量

5章 実効性を持った計画の推進に向けて
1.住宅まちづくりに関わる各主体の役割と連携
2.施策の適切な進行管理

別表
住宅の供給等及び住宅地の供給を重点的に図るべき地域(重点供給地域)

用語の解説

参考資料
1.住生活基本法
2.住生活基本計画(全国計画)
3.「住まうビジョン・大阪」検討経過

 「住まうビジョン・大阪」(案)に対する府民意見等の募集結果について

「住まうビジョン・大阪」の策定にあたり、広く府民の皆様からのご意見を募集いたしました。詳細はこちら。

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅まちづくり総務課 企画グループ

ここまで本文です。