住生活総合調査

更新日:平成25年10月1日

調査の概要

住生活総合調査は、住生活基本法に基づく住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上で必要となる基礎資料を得るために、居住環境の実態や居住者の意向・満足度等を総合的に調査するものです。
今回の調査は、平成25年住宅・土地統計調査にご回答いただいた世帯を対象とし、両調査のデータをリンケージ(かけ合わせ)することで、集計や分析を行います。

調査時期
(調査周期)
平成25年12月1日現在(5年周期)
(次回は平成30年実施予定)
昭和35年以来概ね5年ごとに実施してきた住宅需要実態調査を、平成20年より調査名を住生活総合調査と変更したものであり、平成25年住生活総合調査はその12回目にあたります。
調査の対象府内約5,400世帯
平成25年住宅・土地統計調査にご回答いただいた世帯から抽出した世帯が対象となっています。
調査事項平成25年住生活総合調査では、世帯に配布する調査票により、次に掲げる事項を調査します。
1 現在お住まいの住宅及びそのまわりの環境の評価について
2 最近の居住状況の変化について
3 住宅の住み替え・改善の意向について
調査方法大阪府知事の任命を受けた調査員が、11月下旬から調査対象となる世帯にお伺いをして調査票の配布・回収をします。
なお、平成25年住生活総合調査では、郵送による調査票の提出も可能となっています。
結果の公表調査の結果は、全国・地方ブロック別・市部郡部別にまとめられ、公表されます。
これらの結果は、インターネットで閲覧できるほか、報告書にもまとめられます。
結果の利用住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上での基礎資料、住宅関係の分析、学術研究などにおける利用。
関係リンク
(調査結果等)

平成25年住生活総合調査の実施について
  ・国土交通省ホームページ(外部サイト)
  ・調査のお知らせ [PDFファイル/132KB]
政府統計の総合窓口(e-Stat)
  ・住生活総合調査(外部サイト)
大阪府総務部統計課
  ・平成25年住宅・土地統計調査

担当
(問い合わせ先)
大阪府住宅まちづくり部居住企画課 住宅施策推進グループ
電話:06-6210-9707

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅まちづくり総務課 企画グループ

ここまで本文です。