住宅バリアフリーリフォーム支援システム(建築技術者向け研修のご案内、研修修了者名簿の閲覧)

更新日:平成28年4月1日

平成25年度からの実施研修

高齢者・障がい者向け住宅改造相談のための研修

高齢者・障がい者向け住宅改造の計画・設計等に的確に応じるには、福祉・医療・建築の各分野の専門家が連携し、住宅改造に取り組む事が大切です。本研修は、そのために必要な「基本的な知識」や「具体的な進め方」について理解を深めることを目的に実施します。

詳しくは大阪の住まい活性化フォーラムHPをご覧ください。HPはこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)

平成23年度までの実施研修

高齢者・障がい者向け住宅改造研修

本研修事業については、制度創設から13年が経過し受講者数も減少したため、平成24年度、研修を一旦停止し、今後のあり方について検討した結果、終了することとしました。このため、本名簿の公開も、平成27年3月末をもって終了いたします。

修了者名簿を見る [Excelファイル/87KB]  (平成26年4月時点)

修了者名簿を見る [PDFファイル/118KB]  (平成26年4月時点)

よくあるお問い合わせ

バリアフリーお役立ち情報
 バリアフリーの事例や助成制度など、さまざまなお役立ち情報をご紹介しています。

高齢者・障がい者向け住宅改造相談の流れ 及び 留意点

(1)名簿の閲覧

 上記、研修修了者名簿または、市町村の窓口に設置している名簿からご覧いただけます。

(2)相談員の選定

 名簿には、研修修了者の勤務先住所、所有資格などが記載されています。
 これらの情報を参考に相談員を選びます。

(3)相談員へ連絡

 相談は一定の範囲で無料としますが、現地相談等には有料となる場合があります。事前に相談員に確認してください。

(4)相談の実施

 相談にあたっては、医療・福祉関係者の意見を必要とする場合があります。
 日頃からお付き合いのあるケアマネジャー、医師、作業療法士、理学療法士、ホームヘルパー等を相談員にご紹介ください。 


大阪府の障がい福祉等に関する情報は下記「障がい福祉等の総合案内へ」にアクセスください。

「障がい福祉等の総合案内へ」


このページの作成所属
住宅まちづくり部 都市居住課 空家対策推進グループ

ここまで本文です。