女性相談センター(事業一覧ページ)

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。


事業一覧ページ

女性相談センターの取組み


業務内容について

大阪府女性相談センターは、売春防止法、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV法),ストーカー規制法及び人身取引行動計画に基づき、支援を必要とする女性(配偶者間暴力の男性被害者)からの相談に応じています。また、配偶者暴力相談支援センターの機能も担っており、DV相談の専門担当者を配置し、支援や情報提供しています。府内配偶者暴力相談支援センターの中核施設として位置づけられています。

女性相談ではストーカー被害者からのご相談も対応しています。

また、女性相談センターは、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等」の相談窓口です。http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html(外部サイト)

 大阪府内の配偶者暴力相談支援センター DVsennta- [Excelファイル/12KB]

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

配偶者や交際相手など、親密な関係にある(あった)者から、繰り返し振るわれる暴力のこと。その形態は身体的暴力のみならず、精神的な攻撃を含みます。

身体的暴力だけではなく、さまざまな形の暴力があります。複数の暴力が重なり合って、暴力が起こる場合もあります。

更なる暴力により、生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが大きい場合、地方裁判所に保護命令を申し立てることができます。

パープルリボンは、「女性に対する暴力をなくす運動」のシンボルです。現在、40ヶ国以上の国際的なネットワークに発展しています。


パープルリボンの画像1 



 

女性相談センターの連絡先について

女性に対する暴力をなくす運

保護命令制度

暴力の種類 

ここまで本文です。