この画面を閉じる
(外国語対応)
対応レベル それぞれの言語の対応のレベルを次の3段階で表示しています。
1.母国語レベル
2.日常会話レベル
3.片言レベル
外国人対応マニュアルにより対応 大阪府が作成した「薬局店頭における外国語対応マニュアル」を使用することで、対応が可能。
薬局店頭において、外国語を話されるお客さんと薬剤師との、コミュニケーションを図るために、薬局でよく使われる会話を「日本語」「英語」「韓国・朝鮮語」「中国語(簡体字)(繁体字)」の4言語(5表記)で記載した冊子です。
基本的には各言語を横並びで表記し、それぞれ差し示すことで、コミュニケーションが取ることができます。

→ 「薬局店頭における外国語対応マニュアル」のホームページへ