府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

職員対応に関するもの

府民の声

府内で養育里親しております。先日里子のパスポート申請にパスポートセンターに行きまし。その際、差別的な対応を受けとても不愉快に思っています。必要書類全て持参していたのに、子どもと共に別室へ通され30分留めおかれました。何故なのかの事情説明は受けておりません。その後書類は受理されましたが、その日のうちに自宅に電話があり居住確認のようなことをされました。一週間後受け取りに行った際も別室に通され一筆書かされています。(必要書類があってもこのような対応があるなら明記してください。不愉快です。)
不信に思い、子どもの管轄である中央子ども家庭センターに苦情申しましたところ、パスポート職員によって対応が違うことがあるというお話しをうかがいました。
そういうことが発生するのは、府庁内で里親家庭に対する認識が行き届いていないからではないでしょうか?外に啓発する前に内部に周知させて下さい。少なくとも府民サービスに関わる窓口サービス機関には徹底したレクチャーをお願いします。
また、なぜ別室に通されたのか非常にきになります。理由を聞かせてくださいますよう、連絡お待ちしております。

府の考え方

 このたびは、旅券発給手続きにおいて不愉快な思いをおかけしてしまいましたことにつきまして、お詫び申し上げます。

 未成年者の方の旅券の申請には、申請者の生年月日、本籍地等の記載、戸籍謄(抄)本の提出や健康保険証などの本人確認書類の提示のほか、法定代理人の方の署名などをお願いしています。

 申請内容によっては、渡航事情を詳細にうかがわねばならないこともあり、その際、申請者の方のプライバシーに深くかかわることがありますので、あらかじめ申請者の方にお断りした上で、府職員が別室のブースに案内させていただいております。なお、ブースにて十分確認できなかった場合は、後ほど、電話にて確認させていただくこともあります。

 また、パスポートセンターでは、申請受付、旅券交付に当たり、対応マニュアルを作成し、全職員が統一的な対応を行っており、申請時と交付時で対応職員が異なることはありますが、同じように対応するよう、努めております。

 私どもといたしましては、今後とも、申請者の方のプライバシーを守りつつ、的確な旅券発給を図るための窓口対応をしてまいりますので、引き続き、旅券発給業務へのご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

(2018年09月20日連絡)

所管課

府民文化部 パスポートセンター

カテゴリー

府政運営・市町村

回答種別

回答したもの

受付日

2018年9月13日

公表日

2018年9月28日


ここまで本文です。