府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

社会福祉法人について

府民の声

1.7月上旬に○○職員と話をしたが、「私の対応が不満ならば、□□の職員と話してくれ」と言われたので、□□に連絡し上旬に□□職員と話したい旨を伝えた。連絡がないので再度連絡したところ、対応した職員からは、中旬朝一番に□□職員に伝えると言われたがやはり連絡がなく、下旬に連絡するも、職員は□□職員には伝えたと言うのみであった。なので、府の地域福祉推進室地域福祉課に連絡し、職員から「伝達しているので□□からの連絡を待ってほしい」という旨を言われたが連絡がないまま今に至る。
この経緯をふまえ、3点伝えたい。
・○○について
○○は、会社と個人の間のトラブルをとりまとめ、仲介をしてくれる第3者機関である。○○には何度か世話になったことがあるが、手助けしてくれるのは初回だけで、当事者と企業との話し合いになったら手を引いてしまいアフターフォローがない。企業というのは謝罪しても建前であることが多いが、○○はそれでよしとしてしまう。建前だけで機関として意味を成していない仕組みは変えていくべきだと思う。
・○○職員の対応について
○○職員は、人の話を聞く姿勢がない。最初から彼の中で結論は決まっており、企業と初回のコンタクトを取れば手を引く。公正中立にこだわり、どちらの肩も持たないが、企業がたとえ建前でも謝罪をすれば終わりとされ、こちらとしては謝罪されても建前なのでモヤモヤが残ったままだ。
個人と企業であれば、企業の方が持っているカードが多いので圧倒的に個人が不利だ。○○が個人に肩入れしてくれてやっと同等の力関係であるのでそうしてほしいと訴えても、それはできないという。「法律でも決まっているし、厚労省からの通知もある。仕組みを変えたいのなら自分でやってほしい」と言われたが、聞く姿勢のない人間が相談事のとりまとめなどできるのかと思う。
・□□職員について
こちらが□□職員と話したいと連絡しているのに、何の返信もないというのはどうか。話をしないというのがそもそもおかしいが、対応しないのであれば、こういう事情で対応はしない、と一言あるべきではないか。今の状況は単なる無視である。一般の人間関係であっても信頼を損なうような行動を、社会福祉という公的な立場の偉い人がしている。こんなことで「福祉」などと大きな看板を掲げられるのかと思う。
以上、この3点について、所管課から文書で回答してほしい。
2.回答に関しては担当課の判断ということだが、△△市の市民の声は、2週間の間に文書で何らかの回答がある。これまで10回ほど連絡をしたことがあるが、回答がなかったことは1度もなかった。△△市から案内を受けピピッとラインに初めて電話したが、他の行政でできることが、なぜ府ではできないのか。
府民の声も、市民の声と同様に2週間以内で何らかの回答をするようにしてほしいと思うが、府がどう考えておられるのか見解をお聞きしたいので、この件についても文書で回答してほしい。

府の考え方

 当課あてに問合せがあった〇〇委員会に係る内容につきましては、□□が所管する〇〇委員会に関するものですので、大阪府が回答できる内容ではありません。
 したがいまして、詳細につきましては、□□の〇〇委員会にお問合せいただきますようお願いします。
 また、□□の職員の対応に関しましては、□□の職員からご連絡をいただきたいという趣旨の申し出があった旨を、当課から□□にお伝えしました。(福祉部 地域福祉推進室地域福祉課)

(2018年07月26日連絡)

 「府民の声」につきましては、府民文化部府政情報室広報広聴課においてとりまとめを行い、その「府民の声」の内容について業務を所管する担当課へ日々伝達しています。
 伝達を受けた担当課は、ご意見等の内容を踏まえ業務改善・施策反映等の検討、個別事案の詳細な調査・確認などの必要な対応を行い、その担当課において、府の制度や考え方の説明が必要と判断するものは「府民の声」を寄せていただいた方へ直接連絡することとしています。また、その対応にあたっては公正、迅速かつ的確に対応するよう努めることとしています。
 このような運用を行っているのは、寄せられる府民の声には、
  ・府の施策や業務内容が府民の皆様に正確に伝わっていないことから起こる誤解に基づく意見
  ・内容の確認に時間を要するもの
  ・ご意見を申し出ることのみを希望され、回答を求めていないと思われるもの
などさまざまな内容があり、どのような対応をすべきかという判断は、その業務を所管する担当課で行っています。
 内容を受けた担当課が、回答に2週間以上要する場合もあるので、原則早急な回答に努めるよう、引き続き庁内周知に努めてまいります。(府民文化部  府政情報室広報広聴課)

(2018年09月14日連絡)

所管課

福祉部 地域福祉推進室地域福祉課/府民文化部 府政情報室広報広聴課

カテゴリー

福祉・子育て

回答種別

回答したもの

受付日

2018年7月26日

公表日

2018年9月21日


ここまで本文です。