府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

情報公開に関するもの

府民の声

大阪府教員の資質向上審議会の開催状況について、5月中旬に教育庁に電話を入れ、平成28年度、平成29年度がホームページ上で公表されていない理由を尋ねたところ、職員の方から「他の仕事がいろいろあってホームページに載せられていない、知りたいなら情報公開請求をしてくれ」という内容の事を言われたので、分からないながらも情報公開請求を行った。
すると情報公開の回答期限の6月上旬の直前の5月下旬に、それまで公開されていなかった平成28年度と平成29年度の資質向上審議会の開催状況が、教育庁のホームページ上に掲載された。
それと同時に、平成27年度までの審議会開催状況の各事案に記載されていた教員の年齢の部分が、以前は公開されていたのに、削除された状態で公表された。
今回の件は、情報公開請求するように言いながら、実際に情報公開請求がされるとホームページ上で情報を公開するというのは、情報公開請求制度を持ち出せば、そこまではしないだろうという気持ちが、教育庁にあったように思われてとても腹立たしい。
また、大阪府の職員は、情報公開請求制度というものを、このような方法で利用しているのか。
私は、今回の件について7月上旬に教育庁にFAXを送り
    ・過去に公表していた年齢を、非公開にした理由
    ・平成30年5月下旬までは対象教員の年齢を公表していた理由
    ・情報公開請求をするように言いながら、請求を受けたとたんにホームページ上に公表し、さらに私が請求した情報の教員の年齢が非公表にされた行為について、情報公開を統轄する担当課の見解について
の3点について回答を求めたところ、「過去に公表していた年齢を、非公開にした理由」については回答をしてもらったが、他の質問に関しては何ら回答がされないままだった。
改めて他の2点についても、メールで回答をしてください。
回答できないなら、回答できない理由をメールで回答してください。

府の考え方

 大阪府教員の資質向上審議会にかかる情報公開請求と教育庁のホームページ掲載にかかる事実経過については、教育庁が行うものであることから、当課は回答する立場にありません。(府民文化部 府政情報室 情報公開課)

(2018年08月20日連絡)

 お問合せがありました平成30年5月下旬までは対象教員の年齢を公表していた理由について、回答いたします。

 大阪府情報公開条例では、「府の保有する情報は公開を原則とし、個人のプライバシーに関する情報は最大限に保護しつつ、行政文書等の公開を求める権利を明らかにし」とあることから、平成30年5月下旬までは、単に年齢を公表しても、個人を特定するには至らないと判断して公表していました。

 一方、同条例では個人のプライバシーに関する情報をみだりに公にすることのないように最大限の配慮をしなければならない旨規定され、「特定の個人が識別され得るもの」は公開してはならないとされています。

 また、「特定の個人が識別され得るもの」については、特定の個人が直接識別できる情報だけでなく、その情報からは直接特定個人が識別できなくとも、他の情報と結びつけることにより、間接的に特定の個人が識別され得るものも含むとされています。

 この点について、改めて検討した結果、年齢を公表することで、他の入手可能な情報と組み合わせることにより、個人の特定につながり得ると判断しました。

 したがって、個人の特定につながる可能性のある情報については、その取扱いをより慎重にするため、平成28・29年度の大阪府教員の資質向上審議会の開催状況をHPに掲載する際に、これまで掲載していた年齢についても見直し、公表しないこととしたものです。(教育庁 教職員室 教職員人事課)

(2018年08月22日連絡)

所管課

府民文化部 府政情報室情報公開課/教育庁 教職員室教職員人事課

カテゴリー

府政運営・市町村

回答種別

回答したもの

受付日

2018年8月6日

公表日

2018年8月31日


ここまで本文です。