府民の声と府の考え方 公表(一覧)


府民の声と府の考え方 公表(詳細)


詳細情報

件名

府民の声の制度について

府民の声

・府民の声に意見を寄せても一向に回答がない。
 回答するしないは所属が判断するとのことだが、府民の声に対しての回答を要求しているのだから、府民の声を担当している広報広聴課がきちんと対応・回答すべき。
 私は、府民の声制度について、寄せられた「府民の声」全てに所属が回答(回答しないという回答も含めて)しなければ、広報広聴課が所属に催促すべきという意見を数か月前に寄せた。にもかかわらず、広報広聴課から回答がなく回答の公表もされていない。
 回答(回答しないという回答も含めて)しないということは、ほったらかしの何物でもない。
 府民の声なんて、形だけのものになってるんではないか。

・〇〇市から私のところに回答があったことは前から言ってるよね。で、〇〇市は私に回答するんじゃなくて、私に送った内容を宛先を変えて(大阪府あてにして)大阪府に回答すべきということも何回も言ってるよね。
 私が一番言いたいのは、何回も言っているが、〇〇市が大阪府に回答を出し(私に送った内容そのままで、宛先だけ大阪府にする)、大阪府が〇〇市の回答プラス大阪府の意見を追記して公表すべきと思ってる。
 〇〇市から大阪府に回答が送られてない状況で大阪府が回答しても、それは回答になってないで。
 でも、回答するんだったらそれはそれでよし。でも、こんな回答、回答違うで。って、また府民の声に寄せるだけやけどな。
 でも回答しないよりまし。私は、無回答ということに一番腹がたつから。

・〇〇市から回答はもらえたのか?
 昨日電話した時も〇〇市にすぐ電話をして回答をもらえと言ったはず。
 なぜ、しないんだ!
 〇〇市から私個人のところに回答がきたんですよ。これっておかしいですよね。
 〇〇市から個人攻撃受けて、府民は困ってるんですよ。なぜ大阪府はこれに対して何も動こうとしないんですか!
 〇〇市に私の意見を送ったのは広報広聴課ですよね。そもそも〇〇市に送ることが間違ってたんですよ!
 〇〇市に何のアクションも起こせないなら、〇〇市に送ったことをなかったことにせよ。〇〇市から送った文書を引き返せ。
 〇〇市は大阪府に回答をすべきなんですよ。それを催促するのは、送った広報広聴課の役目なんですよ。
 広報広聴課は何をしてる!伝達したんが間違ってるんですよ。その責任を果たすべき。私は、〇〇市から個人攻撃を受けてるんですよ。
 府民は困ってるんですよ。困ってる府民を大阪府はほったらかしですか。
 直ぐにでも〇〇市に連絡とって大阪府に回答せよと言え。そうじゃなかったら、〇〇市に伝達したことを無かったことにせよ。

府の考え方

 「府民の声」にお寄せいただきましたご意見について、以下のとおり回答いたします。

(1)「府民の声」の伝達について
  府民から日々お寄せいただくご意見等につきましては、「府民の声システム」に登録したうえで、システムを一元管理する府政情報室から当該ご意見等に関する事項を所管する、もしくは関連する担当所属に伝達します。
  大阪府所管外のご意見は関係する他行政機関に送付しますが、他行政機関が回答等の対応が必要と判断した場合、府民の方に連絡できるよう住所、氏名等の情報も伝達しています。
  今回、いただいたご意見の中に、「〇〇市に相談しても大阪府のことなので対応が良くなかった。」という内容が含まれていたため、〇〇市にも連絡する必要があると判断し、また、お寄せいただいたご意見等の伝達について、「大阪府の所管でないご意見の場合は、大阪府から所管官庁等(国や市町村等)に内容(住所、氏名含む。)をお伝えすることについて、伝達を希望する。」にチェックが入っておりまして、伝達することの了解が確認できましたので〇〇市に伝達しております。
  
(2)「府民の声」の回答について
  「府民の声」の伝達を受けた所属等(庁内関係各課、他行政機関)は、ご意見等の内容を踏まえ業務改善・施策反映等の検討、個別事案の詳細な調査等の必要な対応を行います。
  「府民の声」の伝達を受けた所属(庁内関係各課、他行政機関)は、回答が必要と判断されたものに対して、ご意見等を寄せていただいた府民の方へメール等の手段により直接回答します。
 
(3)「府民の声」の公表について
  お寄せいただいたご意見は、個人、企業が特定される氏名、団体名、住所、メールアドレス等を除き府HPで原則公表させていただきます。ただし、「府民の声の見える化」の趣旨・目的に合致しないもの等に該当する場合は公表しません。また、府政への反映状況やそれぞれの声に対する回答などを公表しております。
  大阪府には日々、府政運営に役立てるべき貴重な提言・要望・意見等が寄せられております。
  「府民の声の見える化」は、広く受付けた府民の声を府の業務改善等を進めるための参考にさせていただき、府政への反映を検討するとともに、事業内容等をわかりやすく府民の方に伝え、府政への理解・協力を深めていただくことを目的として実施しておりますので、伝達先の他の行政機関の判断で行った回答の府HPへの掲載は行いません。

(2018年02月02日連絡)

所管課

府民文化部 府政情報室広報広聴課

カテゴリー

府政運営・市町村

回答種別

回答したもの

受付日

2018年1月9日

公表日

2018年2月9日


ここまで本文です。