平成31(2019)年度大阪府要約筆記者養成講座

更新日:平成31年3月20日

募集案内

聴覚障がい者等のために、特に専門性の高いコミュニケーション支援を行う「要約筆記者」の養成講座を実施します。
 
※「要約筆記」とは、聴覚障がいのある方のために、話の内容を文字にして伝える筆記通訳のことです。話の内容を要約しつつ、筆記することから「要約筆記」と呼びます。大阪府では、障害者総合支援法第78条で定める「特に専門性の高い要約筆記者」の養成を行っています。

1.講座内容

・要約筆記の技術を習得し、会議や講演等でコミュニケーション支援の活動をしていただく方を養成します。手書きで書いて伝える「手書きコース」と、パソコンに入力して伝える「パソコンコース」の2つのコースがあります。
・講座は共通科目と選択科目に分かれており、共通科目では要約技術などを習得し、選択科目では各コースに分かれてそれぞれの技術を習得していきます。
・受講申込にあたっては、「手書きコース」「パソコンコース」のどちらかを選択してください(両方受講することはできません)。

2.開催期間等

開催期間

平成31(2019)年6月15日(土曜日)から平成31(2019)年12月7日(土曜日)まで(全21回)
毎週土曜日の午後1時から午後5時まで (ただし、6月29日、8月10日、9月14日、11月16日、11月23日を除く)

場所

大阪府障がい者社会参加促進センター(大阪市天王寺区生玉前町5−33)

3.受講判定試験について

基本的な文章作成力やパソコンのタイピング技術などをはかる試験を実施します。

・日時:平成31(2019)年5月25日(土曜日)午前10時30分から正午まで  ※午前10時受付開始
・場所:大阪府障がい者社会参加促進センター(大阪市天王寺区生玉前町5−33)
・持ち物:筆記用具、パソコン(パソコンコースのみ)

※講座を受講いただくには、受講判定試験の合格が必要です。
※受講判定試験の結果は、平成31(2019)年6月7日(金曜日)頃までに通知します。

4.受講判定試験受験対象者

大阪府内に居住、通学、通勤又は活動の場を有しており、要約筆記者として活動する意思がある方
※過去に受講歴がある方でも再受講可能です。(ただし、既に大阪府要約筆記者として登録している方を除く。)

5.受講費用

無料。テキスト代は、受講生の実費負担です。

6.受講定員

・手書きコース 20名
・パソコンコース 20名

7.その他

・受講申込者には、「受講判定試験のご案内」を送付します。受講判定試験の3日前になっても、お手元に届いていない場合は、大阪府までご連絡ください。

 大阪府福祉部障がい福祉室自立支援課社会参加支援グループ
 電話番号:06−6944−9176(直通)(平日午前9時から午後6時まで)

・本講座を修了し、登録試験に合格された方は「大阪府要約筆記者」として登録されます。また、本事業は豊中市、高槻市、枚方市、東大阪市、八尾市、寝屋川市と共同で実施しています。このため、当該市にお住まいの方は、お住まいの市においても要約筆記者として登録されることとなります。予め、ご了承ください。

・本事業は、「特定非営利活動法人大阪府中途失聴・難聴者協会」に委託しております。従って、案内文の発送等は同協会が行っております。お預かりした個人情報は、同協会と共有いたしますが、本事業の遂行の為にのみ用い、他の用途には一切用いることなく、適切に保管いたします。

8.申込方法・お問合せ先

必要事項をご記入の上、「インターネット申込」または「受講申込書の郵送」によりお申し込みください。募集案内及び申込書は、市町村障がい福祉主管課などで配布しております。
(配布枚数には限りがあります。下記リンクからもダウンロードできますのでご利用ください。)

募集案内・申込書

・平成31(2019)年3月22日(金)9時以降にこちらからダウンロード可能

インターネットによる申込

インターネット申込みはこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)(平成31(2019)年3月22日(金)から利用可能)をご覧ください。

郵送送付先

〒540−8570(住所記入不要)
府民お問合せセンター「要約筆記者養成講座」係あて

お問合せ先

府民お問合せセンター
電話:06−6910−8001(平日午前9時から午後6時まで)

申込期間

平成31(2019)年3月22日(金曜日)から5月10日(金曜日)消印有効

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室自立支援課 社会参加支援グループ

ここまで本文です。