大阪府立稲スポーツセンターの指定管理候補者の選定結果について

更新日:平成31年2月13日

大阪府立稲スポーツセンターの指定管理候補者の選定結果について

 大阪府では、大阪府立稲スポーツセンターの管理運営を、より効果的かつ効率的に行うことを目的として、平成26年4月から指定管理者制度を導入しています。
 指定管理期間の終了に伴い、平成30年度から平成31年度までの指定管理者を公募によらない方法で選定することを「第1回大阪府立稲スポーツセンター指定管理者選定委員会」にて審議し、このたび、「第2回大阪府立稲スポーツセンター指定管理者選定委員会」の審査結果を受けて、以下のとおり指定管理候補者を決定しましたので、お知らせします。

指定管理者の指定について

このたび、平成29年9月定例府議会の議決を得て、以下のとおり、指定管理者を指定しましたのでお知らせいたします。

(1)指定管理者の住所及び氏名

  住所 富田林市大字甘南備216番地
  名称 社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団

(2)指定期間

  平成30年4月1日から平成32年3月31日まで

申請法人名称、指定管理候補者

施設名

申請法人名称

指定管理候補者

大阪府立稲スポーツセンター社会福祉法人 大阪府障害者福祉事業団社会福祉法人 大阪府障害者福祉事業団

指定期間

平成30年4月1日(日曜日)から平成32年3月31日(火曜日)まで(2年間)

審査結果の概要

審査結果

指定管理候補者の選定結果の概要 [Wordファイル/55KB]

指定管理候補者の選定結果の概要 [PDFファイル/145KB]

申請の経緯

  申請書の受付期間

    平成29年10月20日(金曜日)まで

選定委員会委員の氏名(五十音順、敬称略)

氏 名

職      名

備考

相原 正道

大阪経済大学 人間科学部 准教授

委員長職務代理

荒木 永子

藤木新生法律事務所 弁護士

 

岩本  大

岩本公認会計士事務所 公認会計士

 

上野山 達哉

大阪府立大学大学院 経済学研究科 准教授

 

黒田 隆之

桃山学院大学 社会学部 准教授

委員長

          ※委員選定の考え方
           施設の設置目的は果たすべき役割、管理運営に係る法的課題、収支計画や安定的な経営基盤等、様々な意見を聴取するため、
           学識経験者・有識者、弁護士、公認会計士、経営分野の有識者の5名を選定した。

審査の経緯

  (1)平成29年8月7日(月曜日)
    第1回大阪府立稲スポーツセンター指定管理者選定委員会
    ・委員長・委員長職務代理者の指名
    ・指定要件書内容の検討
    ・審査方法の検討等

  (2)平成29年10月24日(火曜日)
    第2回大阪府立稲スポーツセンター指定管理者選定委員会
    ・提案内容の審査
    ・最優先交渉権者の選定

選定委員会意見

  以下の点について、大阪府と協議し、実施すること

   ・施設の周辺地域以外に在住する者にも、幅広く施設の利用について広報に努めること。

   ・施設利用者はもとより、施設を未だ利用していない者のニーズの把握(調査・アンケート等)により、教室やプログラムの改善につなげること。

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室自立支援課 社会参加支援グループ

ここまで本文です。