アートを活かした障がい者の就労支援

更新日:平成29年4月3日

ビッグ・アイ「アートプロジェクト」(大阪府「現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト」第7回公募展)作品募集

 人と人とを繋ぐ「アート」の力。この「アート」をツールに、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を進め、感動やよろこびを共にし、そして、アートの世界で輝くアーティストとしての才能を発掘するため、公募展を実施しますので、お知らせします。
 作品募集の詳細は以下をご覧ください。

【募集内容】
 ○国内外を問わず、障がいのある方が制作したアート作品で過去に受賞歴のない作品

【応募資格】
 ○作者本人または親権者(未成年)、保護者、後見人もしくは作者から作品の使用権を移譲された法人

【応募点数】
 ○各作者につき3点以内とします。

【出品規格】
 ○種類
   絵画・イラスト・グラフィックデザイン・書・写真・造形など
   ※素材やテーマは自由です。
   ※生花など生鮮物を用いたものや、火器等の危険物を用いる作品は対象外とします。
   ※他者の著作権や肖像権に抵触する作品は対象外とします。
   ※その他、展示方法が特殊、特別な取扱を要するなど、不明な場合は事前にご相談ください。

 ○額装
   額装の必要はありません。
   ※額装をした上での作品送付を希望される場合、ガラスは使用しないでください。

 ○大きさ・重量
   展示の制約上、下記のサイズを基準とします。以下よりも大きくなる場合は、ご相談ください。
   ・平面作品:縦200センチメートル×横120センチメートル以内
   ・立体作品:高さ200センチメートル×幅150センチメートル×奥行150センチメートル、重量50キログラム以内
   ※サイズオーバーした場合は返却できない可能性がありますので、予めご了承ください。

   写真作品については、プリントの方法も作品の一部と見なされますので、サイズにもご留意ください。
   ※4ツ切りサイズ(254ミリメートル×305ミリメートル)以上が望ましいですが、必須ではありません。

【受付期間】
 ○平成29年8月25日(金曜日)から9月20日(水曜日)まで

【応募料金】
 ○無料(作品の送料は往復とも応募者負担)

【応募条件】
 ○入選作品(審査員賞/大阪府知事賞/ビッグ・アイ賞/入賞/佳作など)に選出された場合、作品を
   1年間ビッグ・アイにお貸しいただき、国内外の展覧会での展示、図録掲載、ビッグ・アイ情報紙、メディア、
   グッズデザインなどの利用に同意いただけること。また、入選の場合でなくても、表彰式・展覧会等での
   スライドショーによる作品の紹介に同意いただけること。

【応募方法】
 ○応募用紙に必要事項を記入し封筒に入れ、作品と一緒に以下の応募先までお送りください。
   複数作品応募の場合は、1作品ごとに応募用紙を添付してください。梱包はまとめていただいて構いません。
   ※応募用紙をコピーして使用する場合は、縮小せずA3もしくはA4(2枚)にコピーしてください。
   ※複数作品を1梱包で応募する場合は、宅配送付状に梱包された作品数を明記してください。
   ※応募用紙はビッグ・アイのホームページ(http://big-i.jp(外部サイト))からもダウンロードいただけます。

【審査方法】
 ○審査員による実物審査を経て、入選作品(審査員賞/大阪府知事賞/ビッグ・アイ賞/入賞/佳作など)を
   選出します。審査結果は10月上旬頃より書面で通知します。
   ※日本国外からの応募については、写真審査を経た後、実物審査となります。
   ※国外からの応募については、ビッグ・アイのホームページにて「募集要項(国外版)」をご確認ください。

【入選特典】
 ○入選作品展:受賞/入賞/佳作の全入選作品を紹介する展覧会をビッグ・アイで開催
 ○入選作品集:受賞/入賞/佳作の全入選作品を掲載

【運送方法】
 ○ご自身で梱包して、運送業者に作品の運送を依頼してください。運送中の損傷がないように作品保護に
   充分配慮して厳重に梱包してください。
   ※ご自身での持込も可能とします。
     持込期間:9月9日(土曜日)から9月20日(水曜日)まで、時間:午前10時から午後5時まで

【作品返却】
 ○入選作品については展覧会の終了後、選外作品については審査会の終了後に作品を返却します。
   ※原則として応募時の作品配送伝票に記載された送り主の住所に、応募時の梱包材を使用して返送します。
     宅配業者による着払いでの返送となります。
   ※搬入後の作業および審査中は、作品の損傷等がないように充分注意しますが、万一損傷が発生した場合には、
     主催者の加入する動産総合保険による補償の範囲内で対応します。

【その他】
 ○障がい者自身が自己の可能性を見出し、自己実現ができるよう、「障がいのある方にアートの活動機会の提供」、
   「才能あるアーティストの発掘と育成」、「障がいのあるアーティストの活動を支援し社会へ発信」の3つを
   コンセプトとしています。

 ○障がい者によるアート作品を社会に発信する中で、世界の国々と人種や言葉、障がいの有無を超えた交流と
   マーケットへのチャレンジを進めます。皆さまの作品が世界中を旅して注目されることもあるかも
   しれません。

【応募先・お問合せ】
 ○ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係
   住所:〒590−0115 大阪府堺市南区茶山台1丁8番1号
   電話:072−290−0962   ファクシミリ:072−290−0972
   メールアドレス:museum@big-i.jp

募集チラシ(募集要項と応募用紙を含む) [PDFファイル/1.27MB]
募集要項 [Wordファイル/37KB]
応募用紙 [Wordファイル/33KB]
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)(外部サイト)

地域福祉振興助成金を活用した販売支援

 公募展で評価された作品は、作品の販売をサポートし、アート市場への参入を支援するプロジェクトの選考対象となります。
 現在、一般財団法人大阪府地域福祉推進財団が実施しています〈プロジェクト名:capacious(カペイシャス)〉。

 ・平成27年度の作品総売上額:106.6万円

capacious(カペイシャス)の詳細はこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)

あなたのご寄附がアートを活かした障がい者の就労支援と社会参加につながります

 アートを活かした障がい者の就労支援に向けた取組みは、事業趣旨にご賛同いただきました皆様からの寄付金を活用しながら実施しています。
 障がいのある方々の創作活動を通じた社会参加と就労へのチャレンジに対して、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

アートを活かした障がい者の就労支援事業へのご寄附の詳細はこちら

現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト 過去の公募展・企画展等

 アートを活かした障がい者の就労支援に向けた取組みの一環として、大阪府内に多く存在する優れた才能を発掘して、「現代アート」としての評価を行い、広く一般の方に作品を知ってもらうため、公募展や企画展等を実施しています。

現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト 過去の公募展・企画展等の詳細はこちら

アートを活かした障がい者の就労支援システム構築のための調査研究(平成22年度)

 「現代アート」として評価された美術作品を市場に繋げ、その収益を作者である障がい者に還元できるシステムを構築するためのガイドラインを策定するため、アンケートや訪問による調査を実施しました。

アートを活かした障がい者の就労支援システム構築のための調査研究の詳細はこちら

アートを活かした障がい者の就労支援調査研究(平成21年度)

 大阪府内の障がい者(児)が創作する、美術的価値の高い作品を発見・評価するとともに、障がい者の就労支援につなげるシステムを構築するための基礎資料とするため、府内にある障がい者施設に対し、施設を利用する障がい者の創作活動等の状況についてのアンケートや訪問による調査を実施しました。

アートを活かした障がい者の就労支援調査研究の詳細はこちら

アートを活かした障がい者の就労支援に関する提言(平成20年度)

 「アートを活かした障がい者の就労支援懇話会」を設置し、障がい者の創造性豊かな作品の美術的価値を評価し、それを市場に繋げ、就労支援に結び付けていくための方策を検討しました。
 同懇話会において取りまとめられました提言を踏まえ、アートを活かした障がい者の就労支援システムの構築に向けて取組みを進めています。

アートを活かした障がい者の就労支援に関する提言の詳細はこちら

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室自立支援課 社会参加支援グループ

ここまで本文です。