人権学習シリーズ みえない力 DVを支えているもの/4.断ち切る「なぜ?」からつながる「なぜ?」へ

更新日:平成28年2月12日

DVを支えているもの(めやす90分)

4 断ち切る「なぜ?」からつながる「なぜ?」へ

動き(プログラムの流れ)

ポイント

(説明 5分 グループワーク15分)
★代表的な二次被害発言「なぜ離婚しないの?」で詳しく考えてみましょう。最初にウォーミングアップでやった2つの「なぜ」を思い出してください。二次被害発言での「なぜ離婚しないの?」は、「本当にいやだったら離婚するはず」「離婚しないあなたにも責任がある」と非難し、拒絶を表す「なぜ」になっています。これをつながる「なぜ」にしていきましょう。

つながる「なぜ」は、想像力や情報を使いながら、自分の頭で考えてみることから始まります。今からグループで話し合いながら、ワークシート2の2番をやっていきます。先ほどのグループで、Aさんがなぜ離婚しない(できない)のかを考え、理解しようとしてみてください。その上で、Aさんとつながるためにどんな言葉を投げかけたらいいかを考えてみてください。

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。