人権学習シリーズ みえない力 DVを支えているもの/1.導入

更新日:平成28年2月12日

DVを支えているもの(めやす90分)

ねらい

・ ドメスティック・バイオレンス(以下「DV」という。)に関する神話や二次被害について知る。
・ DV が当事者間の問題だけではなく、周りの意識や制度など暴力を支えている構造の問題があることに気づく。
・ 暴力を支えることをやめるとはどういうことか考える。

キーワード

二次被害、DV神話(間違った思いこみ)
社会構造、ジェンダー

準備物

•ワークシート1・2 1人1枚
•共通資料(P27)と資料 1人1枚
•ホワイトボードと専用マジック

プログラムの流れ

導入(5分): 安全な場にする責任を確認する

ウォーミングアップ(10分):2種類の「なぜ」について体験してみる

二次被害はなぜ起きる?(40分):二次被害発言を手がかりにDVを支えている構造を知る

断ち切る「なぜ」から、つながる「なぜ」へ(20分):想像力や情報を使って、つながること(=暴力を支えるのをやめること)を考えてみる

まとめ(15分)
 

1 導入

動き(プログラムの流れ)

ポイント

(5分)
★最近は「DV」という言葉もずいぶん浸透してきました。しかし、DVが個人的な事件であると思われていたり、被害者の気持ちや行動が理解されず二次被害が繰り返されたりするなど、表面的な理解しかされていないところもあるのではないでしょうか。今日はDVが当事者間だけの問題ではなく、それを支えている社会の構造について考え、暴力を支えるのをやめるために一人ひとりができることを考えてみたいと思います。

• DVとは「、配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」である。「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律」においては、被害者を女性には限定していないが、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性である(人権学習シリーズvol.7 みえない力 DVを切り口に力関係を考える/4.まとめ参照)。参加者の層によっては、このことを最初に押さえておく必要がある。

※ 暴力とは、身体的なものだけでなく心身に有害な影響を及ぼす言動なども含む。
詳しくは、ワークシート2コラム参照。

★今回は、一方的な講座ではなく一緒に考え話し合いながら進めていきます。話し合いのルールは「参加・守秘・尊重」です。

●「安全な場にするために ・参加 ・守秘 ・尊重 」と板書

★DVは身近な問題です。内閣府の調査では、約3人に1人の女性がDV被害を経験していることがわかっています。ということは、ここに○人の当事者の方がいるとも考えられます。そのことも意識しながら、一人ひとりがこの場を安全な場にすることに責任を持って参加してください。また、今日は個人の体験を話したり、解決を考えたりする場ではなく、DVを支えている周りの意識や制度など、社会構造への理解を深めるという趣旨であることを理解しておいていただきたいと思います。

こちを参照して、ルールについて詳しく伝えるのもよい。

• この場で参加者が傷つくような状況を防ぐため、参加者一人ひとりにも責任があることを押さえておく。また、当事者の安全でない自己開示を避けるためにも、趣旨を強調する。それでも、個人の体験を詳しく話し出す人がいたら、今回は個人を癒いやす場としては設定していないこと、具体的なことは後ほど事例を通して考える時間を用意しているので、それで考えていくことを説明し、適切な介入を行う。を参考に伝えるとよい。

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。