人権学習シリーズ みえない力 大人が持つ力1【保護者編】/3.大人が持つ「力」「資源」

更新日:平成28年2月12日

大人が持つ力1 子どもの権利ってなんだろう?【保護者編】(めやす90分) 

3 大人が持つ「力」「資源」

動き(プログラムの流れ)

ポイント

(説明1分 グループワーク4分)
★ワークシートに書かれているシート1「子どもの「権利」と「力」の行使」の表を模造紙に書き写してください。

ここに8歳(小学2 〜3年生)の「子ども」がいるとします。大人がその「子ども」よりたくさん持っている「力」や「資源」にはどんなものがありますか。先ほど話していただいた『親に言いたいこと』を思い出して考えてみてください。ふせん紙に書いて模造紙の大人が持つ「力」「資源」の所に貼ってください。ふせん紙1枚に1つの言葉を書いて、貼りながら、出された意見をグループで共有してください。

● ファシリテーターが「力」や「資源」に関する言葉(例えば「経済力」)とふせん紙に書いて、大人が持つ「力」「資源」の所に貼る。

●ふせん紙10枚程度、ワークシート、資料を各人へ配付する。

● 模造紙2枚、マーカー1セットを各グループに配付する。

• ふせん紙への記入は、単語でいいので思いついたものをどんどん書いてもらう。マーカーを使って大きな文字で書くことを勧める。

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。