人権学習シリーズ みえない力 左利きの国?!/1.導入

更新日:平成28年2月12日

左利きの国?!(めやす90分)

ねらい

・ マイノリティ(少数者)の困難を、個人の問題としてとらえるのではなく、社会の構造としてとらえる。
・ 多数派にとっては、あまり意識しないような社会のあり方が、マイノリティの困難につながっていることを知る。
・ いまの社会が誰にとって生きやすい/生きにくいのかを考える。
・ 社会を変えられるものとしてとらえ、よりよい変化のための主体となることをめざす。

キーワード

社会のなかでの有利/不利
個人モデル/社会モデル

準備物

•4つのコーナーの答えの紙  •ワークシート1人1枚  •A3白紙 グループに2枚 •模造紙(1/2サイズ)各グループ1枚  •マーカーセット 各グループ1セット •資料1・2 各1人1枚 •セロハンテープ(4つのコーナーの答えを貼るために)

プログラムの流れ

導入(5分): ねらいとルールの説明など

ウォーミングアップ(20分):質問に対する自分の考えを動いてあらわす

左利きの国?!(45分):さまざまな意見に出会う

まとめ(20分):少数派であるために不利益をこうむらない社会を考える
 

1 導入

 

動き(プログラムの流れ)

ポイント

(5分)
★今日はワークショップ形式で学んでいきます。ワークショップというのは、講師が答えを持っているのではなく、参加者のみなさんがやりとりしながら、考えを深めていく学び方です。
人権というと、難しく思われる方も多いかもしれませんが、できるだけ身近なところから考えていきたいと思っています。正解があるわけではありません。みなさんには、ふだんの言葉で、自分の思うことをおしゃべりしていただければと思います。
そのために、3つ、お願いがあります。この場では、「協力・尊重・守秘」をルール(約束)としたいのです。「協力」とは、おたがいに学ぶために協力しあいましょう、ということ。「尊重」とは、それぞれのあり方や意見・思いを尊重しましょう、ということ。「守秘」とは、ここで出された個人の経験や考えはこの場にとどめる(外に持ち出さない)、ということです。

●「協力・尊重・守秘」と板書する。

今日のテーマは、いわゆる社会での「少数者」(マイノリティと呼ばれることも多いです)にとって、なにが大変なのか、それを変えるにはどうしたらいいのか、ということを考えていきたいと思います。

• いすのみで、ファシリテーターに向かって半円形に並べる。
詳しくはこちらを参照

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。