人権週間

更新日:平成29年2月21日

■12月4日から10日は人権週間です。

 国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択したのに続き、1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会においては、世界人権宣言が採択された日である12月10日を「人権デー」と定め、全ての加盟国及び関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう、要請する決議を採択しました。

 我が国においては、法務省と全国人権擁護委員連合会が、同宣言が採択されたことを記念して、1949年(昭和24年)から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10日まで)を、「人権週間」と定めており、大阪府でも大阪法務局や大阪府人権擁護委員連合会などと連携して、人権尊重の社会づくりのためにさまざまな取組みを行っています。

■平成28年度の取組み

1.「外国籍住民との共生」をテーマとしたテーブルステッカーを用いた啓発をファミリーレストランで展開 
  【期間】12月2日(金曜日)から10日(土曜日)まで
  【場所】府内のファミリーレストラン 34店舗の全テーブル
   【内容】キャッチフレーズ「なくそう こころの境界線」
       A5サイズ・大阪府立港南造形高等学校の生徒によるデザイン
  詳細はこちら

2.「ヘイトスピーチの解消」をテーマとした啓発映像を電子看板(デジタルサイネージ)で放映
  ・JR大阪駅3階南北連絡橋改札内の大型電子看板(1面)
   【期間】11月28日(月曜日)から12月11日(日曜日)まで
        6時から24時まで、3分ごとに動画(30秒)を放映
  ・JR大阪駅ノースゲートビルディング1階東西通路内の電子看板(30面)
   【期間】12月5日(月曜日)から11日(日曜日)まで
        6時から24時まで、3分ごとに静止画(15秒)を放映

  詳細はこちら

3.「性的マイノリティ」をテーマとした啓発事業を府立図書館(中之島、中央)と共同で実施
  【期間】12月4日(日曜日)から10日(土曜日)まで
       ※中之島図書館は日曜日、中央図書館は月曜日休館です。
  【内容】性的マイノリティ関連図書の展示
       電子看板(デジタルサイネージ)での啓発映像放映など

4.市町村の特設相談等を実施
  ・詳細はこちら

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発G

ここまで本文です。