令和2年度大阪府職員採用選考案内(児童自立支援専門員職・児童生活支援員職)

更新日:令和2年6月24日

大阪府職員採用選考(※)の第1次選考を受験する皆様は、必ずご確認ください。
※社会福祉職・心理職・児童自立支援専門員職・児童生活支援員職・薬学職・保健師職・栄養士職・獣医師職

第1次選考会場の変更について

  選考会場を大阪府立大学で予定しておりましたが、大阪府立夕陽丘高校(大阪市天王寺区北山町10-10)に変更します。

  ※正門からしか入場できません。

  ※上靴またはスリッパ、くつ袋(スーパーの袋など)の持参をお願いします。

   【参考】大阪府立夕陽丘高校 所在地・アクセスについて(外部サイト)

大阪府職員採用選考における新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、受験者の皆様には日頃からマスクの着用・手指の消毒・咳エチケットなど感染予防を徹底していただくとともに、次の事項を必ずご確認いただき、試験当日の対応をお願いします。

 ・試験当日は、受験者の皆様に対して検温を実施します。

 ・試験当日は、マスクを持参し、試験時間中を含め常時着用してください。
  
ただし、写真照合の際は、係員の指示に従って、マスクを外すなどの対応をしてください。

 ・試験室に入室する前に、手洗いや手指の消毒をしてください。選考会場に手指消毒液を設置します。

 ・試験時間中は試験室の扉等の開閉により換気を行いますので、体温調節のできる服装でお越しください。

ご協力のほどよろしくお願いします。

 


          <受付期間>【受付は終了しました】

      郵送又は持参による受付期間  令和2年5月7日(木曜日) から 同年6月12日(金曜日)【当日消印有効】

     ○ インターネットによる受付期間   令和2年5月1日(金曜日)午前10時 から 同年6月5日(金曜日)午後6時 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できるだけ郵送又はインターネットによる手続きをご利用ください。※       

選考案内及び申込書等の取り出し

インターネットでの受験申込み

選考案内 [PDFファイル/439KB]

○申込書 ※職種により異なりますのでご注意ください。

 <児童自立支援専門員職> 申込書 [PDFファイル/215KB]

 <児童生活支援員職>   申込書 [PDFファイル/131KB]

受験票 [PDFファイル/117KB]

在職証明 [PDFファイル/96KB](様式の内容を満たしている場合には、他様式でも可)

児童自立支援専門員職を受験の方はこちらから(外部サイト)

児童生活支援員職を受験の方はこちらから(外部サイト)

※受付は終了しました。

 

1 選考職種及び採用予定人員

児童自立支援専門員職          若干名    児童生活支援員職          若干名

※ 採用予定人員については、今後変わることがあります。

2 受験資格

※受験資格については、『職種共通』の受験資格と、後に記載する『職種別』の受験資格の両方を備えることが必要です。

職種共通

次のいずれか一つに該当する人は、受験できません。

1 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
2 大阪府において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
3 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人
4 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている人(心神耗弱を原因とするもの以外)

日本国籍の有無は問いません。

1 日本国籍を有しない職員は公権力の行使又は公の意思形成への参画に携わる職以外の職に任用されます。
2 日本国籍を有しない人は、申込みの際、氏名欄に原則として、本名を記入してください。

職種別

<児童自立支援専門員職>

昭和55年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人で、次のいずれかに該当する人(令和3年3月末までに該当する見込みの人を含む。)又はその他児童自立支援専門員資格を取得している人(資格取得見込みの人を含む。)

A 国立武蔵野学院附属児童自立支援専門員養成所養成部(旧国立武蔵野学院附属教護事業職員養成所養成部を含む。)を卒業した人

B-1 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)又はこれと同等と人事委員会が認める学校において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学の課程又はこれらに相当する課程を修めて卒業し、児童自立支援事業(※1)(少年院を含む。)に1年以上従事した人又は別記(※2)に定める期間の合計が2年以上である人

B-2 学校教育法に基づく大学院又はこれと同等と人事委員会が認める学校において、社会福祉学、心理学、教育学若しくは社会学の課程又はこれらに相当する課程を修了し、児童自立支援事業(※1)(少年院を含む。)に1年以上従事した人又は別記(※2)に定める期間の合計が2年以上である人

C 学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校を卒業した人、同法第90条第2項の規定により大学への入学を認められた人若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した人又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した人で児童自立支援事業(※1)(少年院を含む。)に3年以上従事した人又は別記(※2)に定める期間の合計が5年以上である人

D 学校教育法の規定により、小学校、中学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する人で、児童自立支援事業(※1)(少年院を含む。)に1年以上従事した人又は2年以上教員としてその職務に従事した人

<児童生活支援員職>

昭和55年4月2日から平成13年4月1日までに生まれた人で、次のいずれかに該当する人

A 保育士資格を有する人(令和3年3月末までに資格取得見込みの人を含む。)

B 社会福祉士の資格を有する人(資格取得見込みの人(令和3年3月末までに社会福祉士の登録手続きが可能な人)を含む。)

C 3年以上児童自立支援事業(※1)(少年院を含む。)に従事した人(令和3年3月末までに該当する見込みの人を含む。)

※1 児童自立支援事業とは、児童福祉法に基づく児童自立支援施設、児童養護施設等における業務及び児童自立生活援助事業を指しています。

※2 別記
ア)児童福祉司となる資格を有する者にあっては、児童福祉事業に従事した期間
イ)社会福祉主事となる資格を有する者にあっては、社会福祉事業に従事した期間
ウ)社会福祉施設職員として勤務した期間(上記ア又はイに該当する期間を除く。)

3 選考日及び選考会場

第1次選考    

日 時   令和2年6月28日(日曜日) 午前10時40分集合
       ※受付は午前10時から開始します。受付を終えて、午前10時40分までに指定された試験室内に着席してください。

選考会場   大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 〔所在地:堺市中区学園町1番1号〕

持参物    大阪府職員採用選考受験票、筆記用具(鉛筆又はシャープペンシル、消しゴム、ボールペン)、時計、軽食(必要な方のみ)        

第2次選考        

日 時    令和2年8月18日(火曜日)から8月28日(金曜日)のうち、いずれか1日【予定】

選考会場    詳細については、第1次選考合格者に通知します。

 ※第1次選考・第2次選考ともに集合時間までに試験室に入室していない人は受験できません。
  ただし、公共交通機関の不通・遅れによるときは、当該公共交通機関発行の遅延証明書の提出を条件として、受験を認める場合があります。
※やむを得ず選考日程の変更・延期をする場合は、「大阪府職員採用選考案内ホームページ」に掲載しますので、確認してください。

<<新型コロナウイルス感染症などへの対応について>>
 受験される方は、以下の点に留意してください。
 1 【マスクの着用等】試験当日は、感染予防のため、マスクの着用をお願いします。また、携帯用手指消毒用アルコールをお持ちの方は、持参しても差し支えありません。
 2 【試験室の換気】試験室は換気のため、適宜、窓やドアなどを開けます。室温の高低に対応できるよう服装には注意してください。
 その他、選考に関する連絡事項は、「大阪府職員採用選考案内ホームページ」に掲載しますので、随時確認をしていただきますようお願いします。

4 選考方法

第1次選考 
教養考査(1時間)・・・社会事象に対する基礎的知識や論理的思考力、文章作成力などを問います。
専門考査(1時間30分)・・・必要な専門知識について出題します。

第2次選考
個別面接・・・理解力、表現力などについて面接をします。

※試験科目には合格基準を定めており、各試験科目で一定の基準に達しない場合は、他の試験科目の得点にかかわらず、不合格となります。

 ≪過去の試験問題について≫
平成27年度から令和元年度の問題は、大阪府職員採用選考案内ホームページに掲載しています。

5 申込方法等 

第1次選考受験申込必要書類

下記に記載する[1]インターネットによる申込み又は[2]郵送又は持参による申込み、どちらの場合も第1次選考受験申込必要書類1から3を、令和2年6月12日(金曜日)までに下記に記載の【申込先】まで提出してください。(郵送の場合は当日消印有効)

 1 大阪府職員採用選考申込書

該当箇所に写真(上半身、脱帽、正面向、半年以内に撮影したもので縦4cm×横3cmのサイズ)を貼付してください。

 2 郵便はがき1枚(裏面に「大阪府職員採用選考受験票」を貼付したもの)

[はがきの表面] 切手額面が63円であることを確認の上、返信のための申込者の郵便番号、住所及び氏名を記入してください。
          (氏名の後に「様」を記入してください。採用選考の受験番号通知用に使用します。)
[はがきの裏面] 必要事項を記入した「大阪府職員採用選考受験票」を貼付してください。

 3 受験資格を証明する書類

<児童自立支援専門員職>

【Aの受験資格で受験申込みをする人】

・卒業証明書又は卒業見込証明書〔令和3年3月卒業見込みの人〕 

【Bの受験資格で受験申込みをする人】

・卒業(修了)証明書

・上記卒業(修了)課程にかかる成績証明書

・在職証明書等の実務経験を証明する書類 

【Cの受験資格で受験申込みをする人】

・卒業(修了)証明書

・在職証明書等の実務経験を証明する書類

【Dの受験資格で受験申込みをする人】

・教員免許の写し

・在職証明書等の実務経験を証明する書類

【その他 児童自立支援専門員資格で受験申込みをする人】

・医師免許の写しや社会福祉士登録証の写し等の児童自立支援専門員資格(資格取得見込みを含む)を証明する書類

<児童生活支援員職>

【Aの受験資格で受験申込みをする人 (既取得者)】
・保育士資格証明書の写し又は保育士証の写し〔A4サイズに拡縮したもの〕 

【Aの受験資格で受験申込みをする人 (取得見込者)】
・保育士資格取得見込証明書〔令和3年3月卒業(修了)見込みの人〕
・厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設の卒業(修了)見込証明書〔令和3年3月卒業(修了)見込みの人〕

【Bの受験資格で受験申込みをする人(既取得者)】
・社会福祉士登録証の写し

【Bの受験資格で受験申込みをする人(取得見込者)】
・A、Cの受験資格を満たす場合
 →A、Cの受験資格で受験申込みをする人と同じ書類
・A、Cの受験資格を満たさない場合
 →社会福祉士の受験資格を確認するのに必要な書類(卒業証明書又は卒業見込証明書、成績証明書及び在職証明書等) 

【Cの受験資格で受験申込みをする人】
・在職証明書等の実務経験を証明する書類

※申込時点で上記3(受験資格を証明する書類)の氏名に変更のある場合は、変更が確認できる書類を併せて提出してください。

【変更を確認できる書類の例】
・戸籍抄本(原本)、婚姻届の受理証明書(原本)
・運転免許証の両面の写し(氏名の変更が確認できる場合のみ)等

※上記3(受験資格を証明する書類)が日本語以外で作成されている場合は、翻訳会社等の法人による日本語訳及び翻訳証明書を添付してください。
※第1次選考までの間に、提出された上記3(受験資格を証明する書類)の内容を確認します。確認の結果、受験資格を満たさないことが明らかとなった場合は、受験できません。

 [1]インターネットによる申込み

(1)ホームページよりID取得、受験申込み ⇒ (2)申込書・受験票のダウンロード・印刷 ⇒ (3)郵送又は持参

受付期間   

令和2年5月1日(金曜日)午前10時から令和2年6月5日(金曜日)午後6時

申込方法   

(1)上記『インターネットでの受験申込み』より申込者IDを取得のうえ、受験申込みを行ってください。受験申込み完了時には、「申込みが完了しました」のページの表示と、「申込み内容到達のお知らせ」のメールの受信を必ず確認してください。

(2)受験申込みが受理されると、受付完了の電子メールを送信します。必ず、受付完了のメールを確認してください。(土日祝日を除き3日以上過ぎても、返信がない場合は、「ピピっとライン」(Tel:06-6910-8001、Fax:06-6910-8005)までお問合せください。)メールが届きましたら、記載されている「手続きのトップページ」のURLもしくは、大阪府職員採用選考案内ホームページ内の『インターネットでの受験申込み』より「3.内容の確認」画面からログインし、「大阪府職員採用選考申込書・受験票」をダウンロードし、印刷してください。                             

(3)令和2年6月12日(金曜日)までに【第1次選考受験申込必要書類(1から3)】を下記【申込先】まで郵送又は持参してください。郵送の場合は、封筒の表に「採用選考受験」と赤字で記入し、必ず『簡易書留』で郵送してください。【当日消印有効】また、持参の場合は午前9時から午後6時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く。)となります。

[2]郵送又は持参による申込み 

(1)選考案内入手又はホームページより選考案内を印刷 ⇒ (2)必要事項記入 ⇒  (3)郵送又は持参

受付期間  

令和2年5月7日(木曜日)から令和2年6月12日(金曜日)【当日消印有効】
持参の場合は午前9時から午後6時(土曜日・日曜日・祝日を除く。)

申込方法  

(1)令和2年6月12日(金曜日)までに【第1次選考受験申込必要書類(1から3)】を下記【申込先】まで郵送又は持参してください。

(2)郵送の場合は封筒の表に「採用選考受験」と赤字で記入し、必ず『簡易書留』で郵送してください。

【申込先】 

〒540−8570  大阪市中央区大手前2丁目 (大阪府庁別館6階)

大阪府 福祉部 福祉総務課 総務・人事グループ

【受験票の発送】

受付期間終了後、受験番号を記載した受験票を発送しますので、第1次選考当日持参してください。
受験票が、令和2年6月25日(木曜日)までに届かない場合は、「ピピっとライン」(Tel:06-6910-8001、Fax:06-6910-8005)までお問合せください。

6 合格者の発表

第1次選考   発表日  令和2年8月7日(金曜日)【予定】

第2次選考   発表日  令和2年9月11日(金曜日)【予定】

【発表方法】
合否にかかわらず、有効受験者全員に郵送で結果を通知します。
また、合格者の受験番号を発表日の午前10時に「大阪府職員採用選考案内ホームページ」に掲載する予定です。

7 採用

最終合格者は、原則として令和3年4月1日に採用する予定です。(場合によっては、令和2年度途中で採用となる可能性があります。)

ただし、いずれの職種においても、採用時において、「受験資格」を満たさない場合には採用されません。
また、受験申込時において、受験資格に該当する見込み・卒業(修了)見込み・資格取得見込みで、受験資格に該当しなかった・卒業(修了)できなかった・資格取得できなかった場合は採用されません。

8 勤務条件等

現行制度に基づき、令和2年4月1日付採用となった場合の給与(初任給)例

令和2年3月大学卒業の場合、月額209,400円程度(地域手当含む。)です。

※初任給は、経歴その他に応じて一定の基準により決定されます。また、給料の月額以外に、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、期末手当、勤勉手当等の諸手当がそれぞれの条件に応じて支給されます。

職務内容  

<児童自立支援専門員職>児童自立支援業務等に従事します。

<児童生活支援員職>児童生活支援業務等に従事します。

勤務先

府立修徳学院等

※府立修徳学院(大阪府柏原市大字高井田809-1(JR大和路線「高井田」駅下車10分))は、児童福祉法に規定する児童自立支援施設です。

勤務時間

原則として、一週につき38時間45分勤務で児童の教育及び指導に従事し、常に児童と起居を共にします(住み込み勤務)。ただし、これらの条件は、勤務場所により異なる場合があります。

休暇

年次休暇(年間20日。残日数は20日を限度として翌年に繰越します。ただし、採用の年は、4月1日付採用の場合で、年末までの間に15日となります。)のほか、病気休暇、特別休暇(夏期・結婚・出産等)、介護休暇、介護時間、子育て部分休暇及び不妊治療休暇があります。

9 その他

受験上の配慮(点字受験、車椅子の使用や拡大文字による受験等)が必要な場合は、必ず申込書の「受験上の配慮を要する事項の有無」欄の「有」に○印を、受験上の配慮が不要な場合は、「無」に○印を記入してください。
申込書に記載された情報は、大阪府職員採用選考実施の円滑な遂行のために用い、それ以外の目的には使用しません。また、大阪府個人情報保護条例に基づき適正に管理します。
日本国籍を有しない人は、採用時に当該職務に従事可能な在留資格がない場合には採用されません。
選考会場周辺で試験結果の通知サービス等を案内している業者は、大阪府とは一切関係ありません。

お問合せ先

府民お問合せセンター「ピピっとライン」  Tel:06−6910−8001  Fax:06−6910−8005

平日午前9時から午後6時 土日祝日、年末年始休み

このページの作成所属
総務部 人事局人事課 人事グループ

ここまで本文です。