条例に基づく揮発性有機化合物に係る排出基準

更新日:平成27年12月24日

条例に基づく揮発性有機化合物に係る排出基準

用途施設の種類規制基準
すべて貯蔵施設次のいずれかに該当すること。
1. 吸着式処理装置若しくは薬液による吸収式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 浮屋根式構造又はこれと同等以上の効果を有する構造とし、適正に管理すること。
出荷施設薬液による吸収式処理装置又はこれと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
給油所地下タンク次のいずれかに該当すること。
1. 通気管にタンクローリーと直結する蒸気返還設備を設置し、適正に使用すること。
2. 凝縮式処理装置若しくは薬液による吸収式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
ドライクリーニングクリーニング施設次のいずれにもに該当すること。
1. 乾燥工程においては、凝縮式処理装置又はこれと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適切に稼働させること。
2. 脱臭工程(石油系溶剤を用いるものを除く)においては、吸着式処理装置又はこれと同等以上の性能を有する処置能力を設け、適正に稼働させること。
乾燥施設
物の製造溶剤洗浄施設次のいずれかに該当すること。
1. 吸着式処理装置若しくは薬液による吸収式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 密閉式構造とし、適正に管理すること。
反応施設次のいずれかに該当すること。
1. 吸着式処理装置、薬液による吸収式処理装置若しくは凝縮式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 密閉式構造とし、適正に管理すること。
合成施設
重合施設
分解施設
精製施設
晶出施設
蒸留施設
蒸発施設
濃縮施設
乾燥施設
抽出施設
混合施設
塗装吹付塗装施設次のいずれかに該当すること。
1. 燃焼式処理装置若しくは吸着式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 使用される塗料に含まれる有機溶剤の含有率が、使用時において下表に定める値以下であること。
用途含有率
塗装専業者(1) 木製及びプラスチック製を除く機械器具又は金属製品の塗装(部門の塗装を含む)60%(重量比)
(2) (1)以外70%(重量比)
塗装専業者以外30%(重量比)
乾燥・焼付施設
グラビア乾燥施設次のいずれかに該当すること。
1. 燃焼式処理装置若しくは吸着式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 使用されるインキ(金属板印刷の塗装工程で使用する塗料を含む)に含まれる有機溶剤の含有率が、使用時において30%(重量比)以下であること。
金属板印刷乾燥・焼付施設
オフセット輪転印刷乾燥施設
接着乾燥施設次のいずれかに該当すること。
1. 燃焼式処理装置若しくは吸着式処理装置又はこれらと同等以上の性能を有する処理装置を設け、適正に稼働させること。
2. 使用される接着剤に含まれる有機溶剤の含有率が、使用時において30%(重量比)以下であること。

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室事業所指導課 大気指導グループ

ここまで本文です。