水質届出のしおり(測定手法)届出をする場合に必要な書類

更新日:平成24年7月12日

←水質届出のしおり(測定手法)目次ページに戻る

1.届出をする場合に必要な書類

 汚濁負荷量測定手法の届出をする場合、届出書とこれに対応した別紙1-1から3、添付図面等が必要です。
 届出別紙様式及び添付図面については、届出にあたり必要と考えられるものをあげています。

提出する書類と記載内容の一覧は次のとおりです。

届出書

書類の名称記載内容
届出書氏名又は名称及び住所並びに法人にあってはその代表者の氏名
工場又は事業場の名称及び所在地
別紙1-1特定排出水等の化学的酸素要求量に関する汚染状態の計測方法及び計測場所
別紙1-2特定排出水等の窒素含有量(りん含有量)に関する汚染状態の計測方法及び計測場所
別紙2特定排出水等の量の計測方法及び計測場所
別紙3特定排出水1日当たりの汚濁負荷量の算定方法


添付図面等

書類の名称記載内容
別図1用水及び排水の系統図
別図2試料の採取及び計測並びに量の計測場所を表す配置図
注意1 申請・届出書の表紙は対象法令によって異なります。また、提出先の宛名が異なります。
注意2 別紙5の記載については、特定事業場で日平均排水量が50m3以上の場合が対象です。
注意3 添付図面の別図1から5及び別表1の記載内容の分け方は、このページの記載例にあわせた例示であり、内容が具備されていれば様式は問いません。


←水質届出のしおり(測定手法)目次ページに戻る

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室事業所指導課 水質指導グループ

ここまで本文です。