台風第19号接近に伴う注意喚起について

更新日:令和元年10月11日

現在、台風第19号が日本に接近しており、上陸するおそれがあります。

社会福祉施設等の管理者におかれましては、利用者・職員の安全を確保する観点から、各地の気象台が発表する最新の気象情報等に十分留意しつつ、地方自治体から警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された場合は、速やかに避難いただきますようお願いします。 

また、大規模な停電に備えて下記の内容を台風上陸前にご対応ください。

・自家発電施設の燃料の確認及び必要な燃料補給の実施(非常用自家発電設備がある場合)

・停電発生時には医療的配慮が必要な入所者を電源が確保された協力医療機関等へ一時避難することを確認(非常用自家発電設備がない場合)

・食料水、食料(特に介護食)、オムツ等備蓄物資の在庫の確保等

【参考】

「警戒レベル4」で全員避難です!防災情報の伝え方が5段階に(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201906/2.html#section1

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。