社会福祉施設等への応援職員の派遣について

更新日:令和2年8月27日

概要

 大阪府では、入所系の社会福祉施設等(※)の職員が新型コロナウイルス感染症の陽性者や濃厚接触者となり、多くの職員が勤務できなくなる場合においても、当該施設で必要とされるサービスの継続運営を確保するため、他法人から応援職員を迅速に派遣できるよう応援職員派遣ルール・派遣スキームを定めました。
 このたび、応援協力施設の募集を開始しましたので、応援協力施設としてご登録いただき、職員派遣へのご協力をいただきますうようお願いします。
 詳細については、地域福祉推進室ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る社会福祉施設等への応援職員派遣体制の構築について」をご覧ください。
 (※)障がい者支援施設、共同生活援助、宿泊型自立訓練、福祉型障がい児入所施設、医療型障がい児入所施設

応援協力施設の登録について

 応援職員派遣への協力を検討し、応援協力施設への登録をお願いします。なお、申込は、法人種別により申請先が異なります。

1.社会福祉法人については、大阪府社会福祉協議会のホームページ(外部サイト)より登録をお願いします。

2.社会福祉法人以外の法人については、「入所系社会福祉施設等への応援職員派遣についての協力申出書」を、大阪府あてメールで登録いただきますようお願いします。
 【登録書類】 入所系社会福祉施設等への応援職員派遣についての協力申出書 [Excelファイル/17KB]
 【 登録先 】  大阪府 福祉部 障がい福祉室 生活基盤推進課 指定・指導グループ
 【メールアドレス】 seikatsukiban@sbox.pref.osaka.lg.jp

他法人からの応援職員派遣のルール(基本的な考え方)と応援職員派遣の流れ

他法人からの応援職員派遣のスキームについては、以下の資料をご覧ください。
  新型コロナウイルス感染症に係る社会福祉施設とへの応援職員派遣スキーム [その他のファイル/54KB]

他法人からの応援職員派遣のルール(基本的な考え方)と応援職員派遣の流れについては、以下をご覧ください。
  新型コロナウイルス感染症に係る社会福祉施設等への応援職員派遣について [Wordファイル/32KB]

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。