平成30年4月1日指定の日中サービス支援型指定共同生活援助の取扱いについて

更新日:平成30年3月8日

サービスの概要について

 地域で共同生活を営むのに支障のない障がい者に対し、主として夜間において、共同生活を営むべき住居で、相談、入浴、排せつ、または食事の介護、その他の日常生活上の援助を行い、障がい者の重度化・高齢化に対応できる共同生活援助。(常時介護を要する利用者に対して常時の支援体制を確保している事業所)
 ※短期入所(空床型を除く)の併設が必要です。また、原則として日中サービス支援型グループホームと併設又は同一敷地内において行うことが必要です。

事前協議及び事前協議の受付期間について

 日中サービス支援型指定共同生活援助の指定を受けようとお考えの事業者におかれては、事前協議として、平成30年3月16日(金曜日)までに来庁をお願いします。 (※来庁の際は事前にお電話での予約をお願いします。また、予告なく日程を変更する場合があります)
 事前協議の終了後、本申請に移行します。

事前協議に必要な提出書類について

   (1) 事前協議書 [Excelファイル/82KB]
   (2) 建物の平面図
   (3) 上記(2)を使用することが可能であることが分かるもの(申請書等添付調書、賃貸借契約書、登記簿謄本等)
    (4) 職員の勤務体制及び勤務形態一覧表(参考様式1)、組織体制図
   (5) 管理者及びサービス管理責任者の経歴書

本申請の受付期間受付期間について

 平成30年3月19日(月曜日)から平成30年3月27日(火曜日)まで (※予告なく日程を変更する場合があります)

申請に必要な書類について

 こちらをご確認ください 

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。