電子納品【平成31年4月版】

更新日:平成31年4月5日

電子納品

対象案件 | メリット | 納品要領(案) | 作成ソフト | チェッカー | 関連リンク

 大阪府では平成15年9月に、工事及び業務委託について電子納品の一部運用を開始し、平成25年4月には、大阪府電子納品要領(案)の改訂を行いました。また、平成31年4月に大阪府都市整備部電子納品要領(案)の改訂を行い、平成31年4月以降に契約する工事及び業務委託について下記要領(案)を適用しています。なお、平成31年3月以前に契約した工事及び業務委託については平成25年4月改訂の電子納品要領を、平成25年3月以前に契約した工事及び業務委託については平成16年11月改訂の電子納品要領を適用しています。

大阪府都市整備部電子納品要領(案)の改訂について [PDFファイル/81KB] New!

主な改定ポイントはこちら [PDFファイル/266KB] New!

 設備工事については、平成17年4月1日以降に契約する工事及び業務から「大阪府都市整備部電子納品要領(案)[設備工事編]」を適用しています。

平成25年4月版のページはこちらから

電子納品の対象案件(平成31年4月現在)

◇ 工事

  • 設計金額(税込み)が9千万円以上(土木一般工事)の全案件
  • 橋梁上部工事の全案件
  • 設備工事はプラント工事の全案件
  • 設計金額(税込み)が9千万円未満(土木一般工事)の全案件は竣工写真のみ電子納品の対象 (ただし、受発注者の協議により対象としない場合はこの限りでない)

   土木一般工事とは、橋梁上部工事・設備工事以外の全ての工事。上記以外であっても、受発注者の協議が整った案件は対象とできる(例:写真のみでも可)

 ◇ 業務委託
  • 設計委託、測量委託、地質調査委託などの全案件

電子納品のメリット

  • 【省スペース】 コンパクト、資料授受が容易、長期保存
  • 【業務の効率化】 情報検索迅速化、データ再利用容易
  • 【標準化】 異なるソフト間や外部システムとデータ交換可能

大阪府電子納品要領(案

要領・基準・ガイドライン名称更新日Version
大阪府都市整備部電子納品要領(案)【業務委託編】 [PDFファイル/1.76MB]平成31年4月1日 New!

1.00

大阪府都市整備部電子納品要領(案)【工事編】 [PDFファイル/2.05MB]平成31年4月1日 New!

1.00

大阪府都市整備部電子納品要領(案)【設備工事編】 [PDFファイル/3.97MB]平成28年4月1日

1.00

大阪府土木部電子納品要領(案)【設備工事編】:施設コード表 [PDFファイル/978KB]平成17年3月30日

1.00

大阪府土木部電子納品要領(案)【設備工事編】:機器コード表 [PDFファイル/2.1MB]平成17年3月30日

1.00

(旧)要領・基準・ガイドライン名称更新日Version
大阪府都市整備部電子納品要領(案)[業務委託編] [PDFファイル/1.05MB]平成25年4月1日

1.00

大阪府都市整備部電子納品要領(案)【工事編】 [PDFファイル/861KB]平成25年4月1日

1.00

大阪府土木部電子納品要領(案)【業務委託編】 [PDFファイル/1.67MB] 平成16年11月1日

2.00

大阪府土木部電子納品要領(案)【工事編】 [PDFファイル/1.34MB]平成16年11月1日

2.00

大阪府土木部電子納品要領(案)【設備工事編】 [PDFファイル/1.03MB]平成17年3月30日

1.00

電子納品作成ソフトについて

大阪府では電子納品作成支援ソフトとして下記のソフトウェア一覧から利用してもらうこととしています。(フリーソフト厳禁!)

電子納品作成支援ソフトは電子納品要領ですべて定めていますので、電子納品成果品CD内部のフォルダ構成やフォルダ名は自動的に作成されます。

 *参考

大阪府電子納品チェッカーについて

 受注者向け「大阪府電子納品チェッカー」の公開(設備工事編を除く)

  • 利用対象者 : 大阪府都市整備部が発注する業務委託及び工事の受注者
  • 対象となる業務委託及び工事(※設備工事は除く)  :                                                                             

         ◇ 業務委託
           ・設計委託、測量委託、地質調査委託などの全案件
         ◇ 工事
           ・設計金額(税込み)が9千万円以上(土木一般工事)の全案件
           ・橋梁上部工事の全案件
           ・設計金額(税込み)が9千万円未満(土木一般工事)の竣工写真のみ電子納品対象の全案件 

  • チェック機能 : ファイル名、管理項目、管理ファイルの文法、PDFファイルのしおり・セキュリティ等、ボーリング交換用データ、ファイルの有無、CADファイルのチェック
  • 大阪府電子納品チェッカーを利用し、チェック結果を監督職員に提出してください。
  • 工事・業務委託については、電子納品チェッカーによるにチェックが必須になっております。

注意事項!

動作環境

  • 「対応 OS」 は Windows10 / 8.1 / 7 SP1 以降  (32bit/64bit)
  • 外部メディア(CD−R メディア等)に納められた電子納品成果へのチェックを行う場合、対象電子納品データ相当の空きがHDD等に必要
  • チェックした[結果出力]で納品チェックの出力形式を[EXCEL 形式]を選択して出力する場合、Office2010、Office2013、Office2016のいずれかがインストールされている環境が必要

ダウンロード

チェック結果

 大阪府電子納品チェッカーでチェックした結果、表示されるエラー内容と対処方法です。

関連リンク

担当

  • 都市整備部 事業管理室 技術管理課 技術情報グループ 06-6944-9272 内線2908

このページの作成所属
都市整備部 事業管理室技術管理課 技術情報グループ

ここまで本文です。