“そのとき”が来たら考えられない だから今、人生会議  11月30日は人生会議の日 11月30日は人生会議の日と書かれたボードを持っているもずやん

人生会議とは

希望する医療やケアについて、前もって話し合い、家族や医師などと共有しておくことです。

  • 命の危険が迫った状態になると、約70%の人が、医療やケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることができなくなると言われています。
  • “そのとき”に備えて、前もって受ける医療・ケアに対する希望を家族や医師に伝えておくことが重要です。

どんなことを考えたらいいの?

もし病気になったら…

どんな治療・ケアを受けたいか

例えば… 
・病気と闘って一日でも長く生きたい。
・延命につながるだけの処置は避けたい。
・自分が望む生活ができる程度に、苦痛を取る治療を受けたい。  など

どんな所で療養したいか

例えば… 
・家族やヘルパーなどの手を借りながら、できるだけ住み慣れた自宅で生活したい。
・病院や施設で療養したい。  など

どうやって話し合い、
共有したらいいの?

Step1からStep5まで進んで、またStep1へ戻って、何度も繰り返して考えている様子のイラスト
	Step1
	治療する際に、大切にしたい
	ことを考えてみましょう

	家族や友人のそばにいたい
	好きなことをし続けたい
	家族に負担をかけたくない
	考えているイラスト

	Step2
	もしものとき、あなたの思いを
	伝えてくれる人を選びましょう

	どんな時でもあなたの希望を尊重できる人

	きょうだい、配偶者、子ども
	伝えてくれる人を選んでいるイラスト

	Step3
	かかりつけ医に
	質問してみましょう

	今後予想される経過は?
	必要な医療やケアは?
	医師に質問しているイラスト

	Step4
	希望する医療やケアについて
	話し合いましょう

	痛みやつらさがなければできるだけケアを受けたい
	一人にしないでほしい
	入院するのはいやだ
	話し合いをしているイラスト

	Step5
	書き留めて
	おきましょう

	話し合った内容は記録として書き残し、周囲と共有しておきましょう。
	話し合った内容を書き留めているイラスト

	・希望や思いは、時間の経過や健康状態によっても変化していくものです。
	・何度も、繰り返し考えていきましょう。

病気になっても住み慣れた環境で過ごしたい

在宅医療を望むあなたに

在宅医療の
イメージ

(1)退院準備 在宅療養で利用できる 医療、福祉サービスを調整  退院時に確認しているイラスト (2)へ
(2)	日常の療養 医師と訪問看護師等が 連携して健康管理(※) 訪問看護を受けているイラスト (3)又は(4)へ
(3)	希望する場所での 穏やかな看取(みと)り  みとりの様子のイラスト
(4)	急変時等、訪問診療で対応できない場合 入院・治療 病院と救急車のイラスト (1)に戻る場合あり」

(※)訪問診療は平均月に1から2回の頻度で行われます。
訪問看護は医師の指示書に基づき行われ、状態に応じて回数が変わります。

国の調査によると、約70%の人が自宅での最期を希望しているにも関わらず、実際に自宅で亡くなった人は約15%しかいません。

在宅医療は年齢や病気による制限はなく、通院が困難であれば誰でも受けられます。

かかりつけ医、病院担当者、地域包括支援センター、ケアマネジャー等に相談してみましょう。

この記事のお問い合わせ先

問い合わせ
府保健医療企画課
電話番号
06(6944)6025
ホームページ