11月は児童虐待防止推進月間です 児童虐待から子どもを守ろう!

重大な児童虐待「ゼロ」に向けて『オール大阪』で取り組みます

写真

子どもへの虐待は著しい人権侵害であり、決して許されるものではありません。
子どもを虐待から守り、虐待により子どもの尊い命が二度と失われることのないよう、虐待の予防、早期発見、子どもや保護者などの保護・支援など、「オール大阪」で、児童虐待防止に全力で取り組みます。
力を合わせて、子どもを守っていきましょう。
大阪府知事 吉村 洋文

児童虐待かも?と思ったらお電話ください

児童相談所
全国共通
3桁
ダイヤル
24時間365日受付
いちはやく
189

お住まいの地域の児童相談所につながります。
※一部のIP電話からはつながりません。
※通話料がかかります。

  • 連絡した人の秘密は守られます
  • 出産や子育てに関する悩みや質問がある場合もお気軽にお電話ください

こんなサインを見落としていませんか?

花、クマ 自動車のイラスト

不自然な外傷(打撲痕・やけどなど)が見られる

衣服が汚れている、元気がなく表情が暗い

保護者が長期不在で、いつも子どもだけでいる

登園・登校させない、食事を与えられていない

大声を上げ、子どもや家族に暴力を振るっている様子が感じられる

年齢にそぐわない、性的な言動が見られる

家に帰りたがらない、不自然な時間(夜間・早朝)に外に出ている

子どもの姿を、1週間以上見かけない

一つでも当てはまったら、迷わず電話!

大阪府広報担当副知事 もずやん

児童虐待とは

身体的虐待

殴る、蹴る、たたく、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外に閉め出す など

心理的虐待

言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力を振るう(DV) など

ネグレクト

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置する など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

※この他「大阪府子どもを虐待から守る条例」では、保護者がその管理に属しない子どもの財産を不当に処分することを「経済的虐待」としています。

児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン

オレンジリボンのロゴマーク

子育て中の家庭を地域で見守り、みんなで児童虐待のない社会をつくるため、オレンジリボンキャンペーンを実施します。

街頭キャンペーン

啓発グッズを配布するほか、オレンジリボンツリーに飾るメッセージを受け付けます。もずやんも登場します。

日時
11月1日(金曜日)14時から
場所
JR大阪駅中央コンコースほか

オレンジライトアップ

オレンジライトアップの写真

児童虐待防止への思いを込めて、児童虐待防止のシンボルカラーであるオレンジ色のライトアップを実施します。

日時
11月1日(金曜日)日没から22時
場所
レッドホース オオサカホイール(EXPO観覧車)、天保山大観覧車(海遊館)
問い合わせ
府家庭支援課