障がい者医療老人医療ひとり親家庭医療乳幼児医療これらの医療証をお持ちの方へ

平成30年4月1日から
大阪府の福祉医療費助成制度(補助基準)が変わります

福祉医療費助成制度は、障がいのある方やひとり親家庭などの方々を対象に、医療費の自己負担の一部を助成する市町村の独自制度で、府は市町村に対して補助を行っています。助成を必要とする方々が安心して医療を受けられるよう補助基準を見直し、平成30年4月1日から対象者や対象医療、一部自己負担額を変更します。

平成30年4月1日からの変更点(太字下線部分

障がい者医療

対象者
精神障害者保健福祉手帳1級所持者(新規)
指定難病(特定疾患)受給者証所持者で障害年金(または特別児童扶養手当)1級該当者(新規)
・身体障害者手帳1・2級所持者
・重度の知的障がい者
・中度の知的障がい者で身体障害者手帳所持者
対象医療
医療保険が適用される医療
訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)への対象拡充
精神病床への入院は助成対象外
[ただし、平成30年3月31日時点での福祉医療費助成制度対象者(法別番号90の助成対象者を除く)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。]
一部自己負担額
1日当たりの
負担額
一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内
一つの医療機関等当たりの
上限日数
なし
院外調剤への
自己負担
一つの調剤薬局当たり1日500円以内
複数の医療機関等を受診した場合の月額上限額(※)
3,000円

老人医療

対象者
障がい者医療、ひとり親家庭医療と整理・統合し、重度以外の精神障がい者・難病患者と結核患者は助成対象外となります。
[ただし、平成30年3月31日時点での老人医療対象者については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。]
対象医療
医療保険が適用される医療
訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)への対象拡充
精神病床への入院は助成対象外
[ただし、平成30年3月31日時点での福祉医療費助成制度対象者(法別番号90の助成対象者を除く)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。]
一部自己負担額
1日当たりの
負担額
一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内
一つの医療機関等当たりの
上限日数
なし
院外調剤への
自己負担
一つの調剤薬局当たり1日500円以内
複数の医療機関等を受診した場合の月額上限額(※)
3,000円

ひとり親家庭医療

対象者
・ひとり親家庭の18歳に到達した年度末日までの子
・上記の子を監護する父または母
・上記の子を養育する養育者
ひとり親家庭には裁判所から配偶者暴力等(DV)に関する保護命令が出されたDV被害者を含みます。
対象医療
医療保険が適用される医療
訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)への対象拡充
精神病床への入院は助成対象外
[ただし、平成30年3月31日時点での福祉医療費助成制度対象者(法別番号90の助成対象者を除く)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。]
一部自己負担額
1日当たりの
負担額
一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内
一つの医療機関等当たりの
上限日数
あり(月2日まで)
院外調剤への
自己負担
なし
複数の医療機関等を受診した場合の月額上限額(※)
2,500円

乳幼児医療

対象者
就学前児童
対象医療
医療保険が適用される医療
訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)への対象拡充
精神病床への入院は助成対象外
[ただし、平成30年3月31日時点での福祉医療費助成制度対象者(法別番号90の助成対象者を除く)については、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。]
一部自己負担額
1日当たりの
負担額
一つの医療機関・訪問看護ステーション当たり入院・入院外1日500円以内
一つの医療機関等当たりの
上限日数
あり(月2日まで)
院外調剤への
自己負担
なし
複数の医療機関等を受診した場合の月額上限額(※)
2,500円
もずやんのイラスト

ここがポイント

【対象者】

Q どう変わるの?
A 障がい者医療、ひとり親家庭医療の対象者が拡充されます。平成30年3月31日時点で老人医療対象の方のうち、障がい者医療、ひとり親家庭医療の対象とならない方は、平成30年4月1日以降は助成対象外となりますが、経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります。

【対象医療】

Q 訪問看護ってなに?
A 訪問看護とは、看護師等が生活の場へ訪問し、療養生活を支援するサービスです。現在、訪問看護ステーションからの訪問看護は重度障がい者訪問看護利用料助成制度のみで助成が受けられます(一部の市町村を除く)が、平成30年4月1日から、福祉医療費助成制度に統合し、福祉医療の対象である全ての方が、派遣元を問わず、訪問看護(医療保険分)の助成を受けられるようになります。

【一部自己負担額】

Q 窓口での支払いはいくら増えるの?
A ひとり親家庭医療、乳幼児医療対象の方は、一部自己負担額に変更はありません。障がい者医療、老人医療経過措置対象の方は、院外調剤への自己負担を導入し、一つの医療機関等当たりの上限日数がなくなります。医療機関によっては、1カ月当たりの窓口での支払額が3,000円までとなりますが、3,000円を超えた場合でも、手続きを行うことで超えた額をお返し(償還)します(※)。

(※)月額上限額を超えた場合は、市区町村の窓口で手続きを行うことで超えた額をお返し(償還)します。市区町村によっては郵送受付や自動償還を行う場合もあります。

問い合わせ
府福祉部国民健康保険課 福祉医療グループ
電話番号
06(6944)6683

福祉医療の医療証の交付申請などについては、お住まいの市区町村の福祉医療費助成担当課にお問い合わせください。

国民健康保険(国保)のお知らせ

後発医薬品(ジェネリック医薬品)を活用しましょう

後発医薬品は、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ効能・効果を持つ医薬品です。先発医薬品よりも安価で、自己負担の軽減につながります。 ※窓口では、お薬の費用のほか、調剤料などが加わります。

40歳以上の皆さんへ 特定健診・健康診査を受診しましょう

特定健診または健康診査を受けることで、生活習慣病などのリスクを早期に発見することができます。また保健指導を利用して、生活習慣を見直し、重症化を未然に防ぎましょう!

問い合わせ
府福祉部国民健康保険課 広域化・制度推進グループ
電話番号
06(6944)7128
ホームページ