府政だよりNO.402 発行/大阪府府民文化部府政情報室 TEL 06-6910-8001
目次 /蚊やダニにご用心!
無防備すぎるよ、もずやん!!
わーい!夏は楽しいな〜。肌に風を感じるで!
蚊さん、見て見て!この子、何も対策ができてないわ。草むらで「半ズボン」って。チャンス到来やわ。
ホンマや、ダニくん!しかも「半袖」やし、笑!
では、いただきま〜す!
蚊やダニにご用心!

かゆいだけではすまない蚊とダニ

蚊に刺されたり、ダニにかまれることで感染する病気が話題になっています。時には死に至るものまであります。

病名
主な症状
デング熱
突然の高熱、頭痛、筋肉痛や発疹など。
ジカウイルス
感染症
発熱、発疹、関節痛、結膜炎などがあるが、症状が軽いか無症状であることも多い。妊婦が感染すると、胎児の小頭症と関連がある。
マラリア
発熱、悪寒、震え、頭痛、全身倦怠(けんたい)感、時に下痢、嘔吐(おうと)、せき、重症マラリアでは脳症など。
ダニ
SFTS
(重症熱性血小板減少症候群)
発熱、食欲低下、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛、全身倦怠(けんたい)感など。重症化し、死亡することもある。

 

 

どこに潜んでいるのか?

蚊はよく見掛けますが、マダニは森林や草地などの屋外に生息していて、市街地周辺でも見られます。

公園の写真 こんなときは特に注意!
登山やキャンプ
公園、あぜ道の散歩
畑仕事
ダニの吸血前と吸血後の写真
吸血前のダニの大きさ 1〜4mm
吸血後のダニの大きさ 2cm程度
10円玉の大きさ 2.35cm

ダニにかまれたら自分では取らない!

吸血後のダニは2cm程度にもなります。無理に取らずに必ず医療機関を受診してください。

 

しっかりと身を守ろう

状況に応じて、さまざまな対策を組み合わせて、しっかりと身を守ることが効果的です。

蚊
虫よけスプレーを使う女性のイラスト                      
虫よけスプレーをこまめに使う 蚊取り線香と蚊のイラスト
蚊取り線香を使う 蚊・ダニ
長袖、長ズボンを着用した男性のイラスト 
長袖、長ズボンを着用する

 

 

蚊を増やさないために

蚊は水のたまっているところに卵を産みます。不要な水たまりをなくしましょう。

放置されたタイヤやペットボトルなどのイラスト

植木鉢の皿、発泡スチロールの箱、放置されている空き缶、古タイヤなど、いらないものは撤去しましょう。

また、撤去できない古タイヤにはコップ半分の塩を入れておく方法もあります。

まめに草刈りをするなど、蚊が潜む場所を減らしましょう!

海外旅行では!
渡航前 虫よけグッズを準備する
滞在時 虫よけグッズを積極的に使う
帰国後 体調不良時は直ちに医療機関を受診

浮き輪と旅行かばんを持った
もずやんの写真

話題の「ジカウイルス」にもご注意ください!

ジカウイルスの感染は、胎児の小頭症と関連があります。流行地への渡航は注意が必要です。

 

■HP FORTH (厚生労働省検疫所)

この記事のお問い合わせ先 府医療対策課 
電話 06(6944)9157

■HP 大阪府 感染症対策


このページの先頭へ↑

目次へもどる

 
© Copyright Osaka Prefecture. All rights reserved.
○