食品営業許可関係

更新日:平成28年6月20日

食品営業許可の手続き(新規)

食堂、居酒屋、スナックなどの飲食店を営業するには飲食店営業の許可が必要です。パンや菓子、そうざいなどの食品を製造する場合は、製造品目に応じて営業許可が必要となります。
また、牛乳・食肉・魚介類などの販売にも、営業許可が必要です。
申請書類のダウンロードはこちら

許可申請に必要な書類 (例:飲食店営業の場合)

  • 食品営業許可申請書
  • 営業施設図面(厨房の詳しい図面、客席やトイレを含めたお店全体の図面、地図)を各2部
  • 食品衛生責任者の資格証明書(原本)
       (調理師免許証、栄養士免許証、養成講習会の修了証など)
       ※資格をお持ちでない方は養成講習会を受ける必要があります。
          申請までにこの講習会を受けることができない場合は、誓約書を提出してください。
            (養成講習会の申し込みハガキ、誓約書は保健所にあります)
  • 営業者が法人の場合は登記事項証明書(コピー可)
  • 手数料 1万6千円 

   ※申請は開店の約2週間前までにお願いします。
  ※施設に必要な設備が決められていますので、工事を始める前に、基準に合っているかどうか保健所に相談されることをおすすめします。

許可の必要な業種

  • 各種製造業

    飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、そうざい製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳処理業、缶詰又はびん詰製造業、乳製品製造業、食肉処理業、食肉製品製造業、魚介類せり売営業、魚肉ねり製品製造業、豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、みそ製造業、醤油製造業、ソース類製造業、酒類製造業、集乳業、特別牛乳搾取処理業、食品の冷凍又は冷蔵業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、食品の放射線照射業、添加物製造業

  • 各種販売業

    食肉販売業、魚介類販売業、乳類販売業、氷雪販売業

食品営業許可の手続き(更新)

更新手続きは、許可有効期限内に食品衛生課窓口で行ってください。

更新手続きに必要な書類

  • 旧許可証(施設図面の添付されたもの。紛失した場合は、てんまつ書1部、現在の施設図面2部。)
  • 施設変更の場合は、変更後の図面2部
  • 社名、本店所在地の変更の場合は、登記事項証明書(コピー可)
  • 食品衛生責任者が変更している場合は、変更後の食品衛生責任者の資格証明書(原本)
  • 手数料(現金) 

このページの作成所属
健康医療部 泉佐野保健所 食品衛生課

ここまで本文です。