水道

更新日:平成23年5月19日

水道に関すること

あなたの街の水道の原水

市町村名水源名水源種別
高石市府営水道・泉北水道浄水受水
泉大津市府営水道・泉北水道浄水受水
和泉市光明池・父鬼川・府営水道・泉北水道表流水・浄水受水
和泉市九鬼簡易水道九鬼川伏流水
忠岡町府営水道浄水受水
岸和田市地下水・府営水道深井戸水・浄水受水
貝塚市地下水・府営水道深井戸水・浄水受水
貝塚市蕎原簡易水道近木川表流水
泉佐野市大池・府営水道表流水・浄水受水
熊取町見出川(永楽ダム)・府営水道表流水・浄水受水
田尻町府営水道浄水受水
泉南市地下水・金熊寺川・府営水道深井戸水・伏流水・浄水受水
泉南市童子畑簡易水道掘河ダム上流伏流水
泉南市葛畑簡易水道渓流水表流水
阪南市府営水道浄水受水
岬町逢帰ダム・府営水道表流水・浄水受水

朝一番、バケツ1杯程度の水は、飲み水以外に使ってください

  • 水道管は、道路等に布設している太い管を配水管と、そこから分岐して各家庭に伸びている管を給水管といいます。
  • 水道水は、消毒のための塩素が効いた新鮮な水が流れていますが、就寝している夜間や旅行に出かけているときなどは、給水管の水は停滞し、時間の経過とともに消毒の効果が弱くなります。
  • 最近は、硬質塩化ビニールやポリエチレン製の給水管が使われていますが、かつては加工しやすく耐久性のある鉛製の管が使われていた時期がありました。この鉛管に水が滞留した場合、若干の鉛が溶け出すことがあります。直ちに健康に影響がでるというものではありませんが、念のため朝一番のバケツ1杯程度の水は飲み水以外に使うようにしてください。なお、鉛の水質基準値は0.01mg/lです。この値は、通常の流水状態では溶出することはありませんので、ご安心ください。

トリハロメタン(消毒後副生成物)について

  • 水道の水は、細菌などの微生物を殺すために塩素消毒しています。この塩素と水道水中の微量の有機物が、浄水場から各家庭に届くまでの間に化学変化を起こし、クロロホルム等のいわゆるトリハロメタンと言われる発癌性を疑われている物質が微量ではありますが生成されます。
  • 現在、淀川を水源とする府営水道や水道局の浄水場では、通常の浄水処理の他、オゾンや活性炭等を使った高度浄水処理も行い、有機物などの汚れをさらに除去しているので、蛇口から出る水道水に含まれるトリハロメタンの量は以前に比べ飛躍的に減り、さらに安心して飲用していただけるようになりました。

緊急時のために備えを

  • 近年、南海地震による災害の危険が予想されています。
  • 普段からペットボトルの水を含め、災害時用の用具、食料を常備しておくとともに、付近の避難場所、給水拠点を把握しておきましょう。

水道に関するリンク

水道に関する問い合わせ先

大阪府泉佐野保健所 生活衛生室 環境衛生課 電話:072-462-7982 ファックス:072-464-9680

このページの作成所属
健康医療部 泉佐野保健所 環境衛生課

ここまで本文です。