浄化槽

更新日:平成23年6月27日

浄化槽

維持管理に関すること

浄化槽は、微生物の働きによって生活排水をきれいな水にする装置です。使い方を誤ったり、維持管理が適切に行われないと放流水の水質が悪化したり、悪臭が発生してしまうことになります。
※設置者または管理者の方は、浄化槽を適切に管理するよう浄化槽法で定められています。

保守点検管理

浄化槽のいろいろな装置が正しく働いているかを点検し、装置や機械の調整・修理、汚泥の状況の確認、清掃時期の判定、消毒剤の補給を行ってください。業者に委託される場合は、大阪府浄化槽保守点検業登録業者に委託してください。

大阪府浄化槽保守点検業登録業者をお探しの方→大阪府環境衛生課のホームぺージ

大阪府浄化槽保守点検業登録業者に関する問合せ先
大阪府泉佐野保健所環境衛生課 電話:072-462-7982

清掃

浄化槽に汚泥が溜まってくると、機能が低下し、処理が不十分になったり、悪臭の原因になったりします。そこで、汚泥を槽外へ引き抜き、付属装置や機械類を洗浄したり掃除したりすることが必要です。浄化槽法では年1回以上の清掃の実施が義務づけられています(全ばっ気方式は年2回以上)。

※清掃は市町村の許可業者に委託してください。

清掃業者に関する問合わせ先
泉佐野市 電話:072-463-1212/熊取町 電話:072-452-1001/田尻町 電話:072-466-1000
泉南市 電話:072-483-0001/阪南市 電話:072-471-5678/岬町 電話:072-492-2001

定期検査を受けること

浄化槽の設置者または管理者は、浄化槽法により、浄化槽が適正に維持管理され、本来の浄化機能が十分に発揮されているかどうかを確認するため、大阪府知事の指定検査機関の検査を年1回受けることが義務づけられています。

定期検査の申し込み先
大阪府知事の指定検査機関 社団法人大阪府環境水質指導協会 電話:0120-32-4917、072-256-1056

記録を保存すること

保守点検及び清掃の記録は、3年間保管する義務があります。

浄化槽の維持管理に関する問い合わせ先
大阪府泉佐野保健所環境衛生課 電話:072-462-7982

届出に関すること

このページの作成所属
健康医療部 泉佐野保健所 環境衛生課

ここまで本文です。