飲食店を開業する方へ

更新日:令和2年2月26日

飲食店を開業する方へ

 スナックやバー、居酒屋等飲食店を開業するには、保健所から営業許可を得る必要があります。和泉保健所の管轄は和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町となります。
 許可を得るには、(1)事前相談、(2)申請書の提出・書類審査、(3)立入検査の各段階を踏みます。
菓子製造業や喫茶店営業なども同様の手順を踏みますが、設備基準が様々のため、個別相談ください。

 資料:新規食品営業をされる方へ [Wordファイル/158KB] 新規食品営業をされる方へ [PDFファイル/404KB]


【許可取得までの流れ】
(1) 事前相談
  飲食店の工事を始める前に、施設図面を保健所窓口へ持参し、許可取得の要件を満たしているか確認を受けてください。
  その際に、主に以下の事項を確認します。
  ・ 厨房内に二槽シンクがあるか、お湯と水がその二槽シンクに供給されているか
  ・ 厨房内に二槽シンク以外の手洗い設備が備わっているか
  ・ 厨房内に食器類を衛生的に収納できる戸棚が備わっているか(戸棚はスチール製など欠けにくく耐水性のあるもの)
  ・ 床面及び側壁(床面から1.5mまで)は耐水性の素材であり、排水できる設備(排水口、溝)があるか(ない場合、調理行為ができません)
  ・ 厨房と客席の仕切りは明確にされているか(スウィングドアの設置、床面の材質が違う、段差がある)

(2) 申請書の提出・書類審査
  書類等の準備ができましたら、開業の2週間前を目途に保健所窓口へ許可申請をしてください。
  必要な書類は以下の通りです。
  ・ 食品営業許可申請書 1部  申請書はこちら(別ウインドウで開きます)からダウンロードください。
  ・ 各種図面(調理場内の機材の配置、施設内へ平面図、施設付近見取り図) 2部(取得許可業種数+1部)
    例) 飲食店営業及び菓子製造業の許可申請の場合、各3部
  ・食品衛生責任者の資格を証明する書類(調理師、養成講習会の修了証(いずれも原本。コピー不可)など)
   なお、申請時点で従事する食品衛生責任者が資格をお持ちでない場合は、誓約書を記入していただきます。
  ・法人名義の申請の場合は、履歴事項全部証明書(掲示のみで、コピー可)
  ・各種申請手数料(飲食店営業16,000円、菓子製造業14,000円、乳類・魚介類、食肉販売業各9,600円、そうざい製造業21,000円など)
   なお、申請手数料につきましては、申請手数料のため、申請書受理後返金はできかねますので、ご注意ください。
  ※原則として許可証は保健所窓口で交付ですが、郵送希望の場合はレターパックプラス(郵便局等で購入)を申請時に提出してください。
   保健所窓口では購入できないため、ご注意ください。


(3) 立入検査
  申請書類を提出いただき受理され、手数料の納付が終了しましたら、現場検査の日程の調整をします。
  施設内が図面通りになっているか等確認いたしますので、完成した段階での検査となります。
  立入検査に合格すれば、後日(原則2週間後)、営業許可証を発行します。許可証は、店舗へ必ず掲示
  してください。また、許可証に添付している図面等は外さないでください。
  許可取得後5又は6年後に更新時期になります。その際は概ね1月前に更新案内を送付する予定ですので、手続き願います。

このページの作成所属
健康医療部 和泉保健所 衛生課

ここまで本文です。