大阪府のIT化の取組み

更新日:平成29年5月2日

■大阪府の情報システムの概要

・大阪府が構築・運用しているシステムの状況について、7月末時点で取りまとめているものです。

○平成21年度版

○平成22年度版

○平成23年度版

 ○平成13年(2001年)3月 「電子府庁(e-ふちょう)」アクション・プラン

 ・電子自治体の実現をめざして大阪府の初の計画。
 ・「バーチャル府庁」、「シェイプアップ府庁」、「ネットワーク府庁」の3つを総合的に達成することを目標に、具体的な検討メニューや
     数値目標を示したもの。 

 ○平成16年(2004年)3月 大阪府IT推進プラン 

 ・「電子府庁(e−ふちょう)アクション・プランの後続計画。
 ・「府民本位のe社会の推進」、「筋肉質な「e−ふちょう」の実現」、「府の枠を超えた新たな関係の構築」の3つの目標を設定し、
     目標達成のための行動メニューなどを示したもの。
 ・平成19年度末には主要なメニューがほぼ達成されたことから、計画としての役割を終了。

■総合行政ネットワーク(LGWAN)

 ・地方公共団体間では、インターネットとは隔離された専用線のネットワーク回線により相互に接続されています。
 この専用線ネットワークを総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network「LGWAN:エルジーワン」)と呼んでいます。
 LGWANを使用することにより地方公共団体間の情報流通は、より高度なセキュリティの元で行われています。

 こちらのリンク先もご参照ください:地方公共団体情報システム機構(外部サイトを別ウインドウで開きます) (総合行政ネットワーク紹介ページへの直接リンク)

地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)

  ・地方公共団体組織認証基盤(Local Government Public Key Infrastructure=LGPKI)は地方公共団体が住民・企業等との間で実施する申請・届出等の手続、あるいは、地方公共団体相互間の文書のやり取りにおいて、盗聴、改ざん、なりすまし、否認の脅威を防止し、送受信された電子文書の真正性(本人が作成した文書に相違ないこと)を担保するための仕組みです。

 詳しくはこちらのリンク先をご覧ください:地方公共団体情報システム機構(外部サイトを別ウインドウで開きます) (地方公共団体組織認証基盤への直接リンク)

このページの作成所属
総務部 IT・業務改革課 業務改革グループ

ここまで本文です。