令和元年度 大阪府救急・災害医療情報システムへの御協力に対する報奨金について

更新日:令和元年6月21日

令和元年度 大阪府救急・災害医療情報システムへの御協力に対する報奨金について

 救急患者を、その傷病の程度に応じ、速やか、かつ円滑に救急病院等に搬送するために運用している大阪府救急・災害医療情報システムを有効に機能させるため、情報入力等に関する救急告示医療機関の協力に対し報奨金を支出します。

 また、救急告示医療機関の役割の一つである「災害医療協力病院」として、同システムを有効に機能させるために必要な訓練等への協力についても支出にあたって考慮します。 

事業実施案内

通知文 [PDFファイル/96KB]

【別添1】報奨金支出基準(平成31年4月1日適用) [PDFファイル/132KB]

【別添2】変動情報入力 [PDFファイル/457KB]

【別添3】救急搬送患者報告 [PDFファイル/498KB]

【参考】平成30年度報奨金支出実績 [PDFファイル/37KB]

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 救急・災害医療グループ

ここまで本文です。