関西空港内での麻しん(はしか)の集団感染事例について

更新日:平成28年12月1日

経緯

  8月17日、関西空港内にある事業所に勤務する20歳代女性が麻しんで入院中との報告を受けました。
その後、泉佐野保健所が当該患者の調査を行い、接触者のうち有症状者について検査を行ったところ、9月29日現在で33人の麻しん陽性が判明しています。  

【報道発表資料】
・9月29日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染の終息について
・9月16日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第15報)
・9月15日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第14報)
・9月14日 関西空港内の事業内における麻しん(はしか)の集団感染について(第13報)
・9月13日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第12報)
・9月12日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第11報)
・9月11日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第10報)
・9月10日 関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第9報)
・9月9日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第8報)
・9月8日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第7報) 
・9月7日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第6報)
・9月6日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第5報
・9月4日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第4報)
・9月2日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第3報)
・9月1日  関西空港内の事業所における麻しん(はしか)の集団感染について(第2報)
・8月31日 麻しん(はしか)の集団感染について

患者の発生状況

関西空港内での集団感染より、感染が強く疑われる患者の概要です。ただし、個別のデータについては、感染症法にもとづく発生動向調査システムや保健所の疫学調査結果をもとに集計しているため、後日訂正することがあります。

関西空港における麻しん(はしか)陽性患者概要 [PDFファイル/30KB]

流行曲線(11月24日現在大阪府が把握している関西空港内の事業所における陽性者数)

以下は、発生届を受理した保健所が疫学調査により収集したデータです。
掲載内容は届出時点のものであり、疫学調査などの結果で今後、更新される場合があります。

1 麻しん陽性者の発症日の分布(総数33名)                               
gurafu

11月24日に麻しん陽性者の発症日を一部修正しました。

 
2 麻しん陽性者の男女別・年齢別(総数33名)
gurafu


3 麻しん陽性者のワクチン接種回数別(総数33名)

グラフ
 接種歴は、母子手帳による確認及び本人等からの口頭による確認を含む。  

【関連ページ】
厚生労働省ホームページ 麻しん・風しん(外部サイト)


 

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ

ここまで本文です。