平成29年度大阪府結核研修(医療従事者向け)

更新日:平成29年8月4日

平成29年度大阪府結核研修(医療従事者向け)

【開催趣旨】
結核に関する基礎から、臨床及び対策まで一連の研修を通じて、医師及び医療関係者の結核への関心や知識の向上を図るとともに、適正な医療を普及することを通じて、結核事情の改善を図ることを目的とする。

【とき】    第1日 平成29年8月25日(金曜日) 午後1時30分から 3時45分
       第2日 平成29年9月12日(火曜日) 午後1時30分から3時45分
         開場時間 午後1時00分から(会場にはお待ちいただく場所はありませんので、開場時間以降にお越しください)
    
 ※講義内容は異なっておりますので、ご都合がつくようでしたら、両日ご参加ください
【ところ】 エル・おおさか(大阪府立労働センター) エル・シアター 2階
      大阪市中央区北浜東3−14 
      (天満橋駅(地下鉄谷町線・京阪電鉄) 西へ300m)
【主催】 大阪府・一般財団法人大阪府結核予防会
【対象】大阪府内の医療機関に勤務(又は在住)する医師、看護師等、及び府内の保健所の医師、保健師等の結核対策に携わる者
【定員】各日800名 (先着順)受講料無料
【内容】
    ○第1日 8月25日(金曜日)午後1時30分から午後3時45分
     ・「結核を見逃さないために:画像診断医の立場から」
        講師:大阪はびきの医療センター 放射線科部長  竹下 徹 氏
     ・「医療機関職員の結核発病にかかる接触者への対応について」
        講師:りんくう総合医療センター 総合内科・感染症内科部長  倭 正也 氏

    ○第2日 9月12日(火曜日)午後1時30分から午後3時45分
     ・「建設作業員の結核集団感染・発病事例の対応について」
        講師:東大阪市保健所 母子保健・感染症課 橘 喜美子 氏
     ・「呼吸器症状以外の主訴で受診した結核症例のまとめ 実例を踏まえて」
        講師:大阪はびきの医療センター感染症内科  新井 剛 氏
     ・「結核の診断にかかわる検査について(IGRA、核酸増幅法、耐性遺伝子検査など)」
        講師:近畿中央胸部疾患センター 臨床研究センター 感染症研究部長  露口一成 氏
【受講申込】
参加希望者については、実施要項 [Wordファイル/145KB]  [PDFファイル/261KB]の別紙2(医療機関用)又は別紙3(保健所用)により、平成29年8月16日(水曜日)までに、下記宛てFAXにてお申し込みください。
   送付先:一般財団法人 大阪府結核予防会 事務局総務部 FAX:06−6202−9640
   
※ 定員を超過した場合のみ、「参加いただけない」旨の連絡をすることがあります。
     (定員内の受講可能な方への個別連絡はいたしませんので、ご了承ください。)

【問い合わせ】大阪府医療対策課感染症グループ((06-6941-0351、内線2543)結核担当までお問い合わせください。
【その他】本研修は大阪府医師会生涯研修指定を受ける予定(申請中)および日本結核病学会認定制度指定プログラム(研修単位5点)(認定医・指導医・エキスパート用)です。

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ

ここまで本文です。