府職員臨時風しん抗体検査の取組について

更新日:令和元年11月26日

大阪府職員向け臨時風しん抗体検査の実施について

大阪府では、職場での感染リスクを減少させるとともに、風しんのまん延や先天性風しん症候群の発生防止に取り組むため、下記のとおり臨時の風しん抗体検査を実施しました。

1 対象職員
  昭和47年4月1日から昭和54年4月2日生まれの男性職員
  ※昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性職員もクーポン券持参で受検可能とした。

2 実施回数
  合計8回(大手前庁舎 4回/咲州庁舎 4回)

3 実施結果(10月31日時点)
  対象者   726人
  受検者   476人
  受検率  65.5%
  ※上記以外(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性職員)では52名が受検

4 実施風景
    大手前庁舎  咲州庁舎
          大手前庁舎            咲州庁舎

5 企業の健康診断ご担当者様へ
 
風しんの主な感染経路は、「職場」となっており、職場での感染リスクを減少させることが、風しんのまん延防止や先天性風しん症候群の発生防止にとっては、重要です。
従業員への風しん抗体検査は、原則費用負担なしで実施することができますので、クーポン券が利用できるこの機会に、ぜひ、職場の健康診断時に抗体検査を実施していただくなど、ご協力のほどよろしくお願いします。
健康診断時に抗体検査を実施する際の詳細については、下記厚生労働省のホームページをご確認ください。
厚生労働省 風しんの追加的対策について(外部サイト)

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策課 企画推進グループ

ここまで本文です。