『大阪モデル』

更新日:令和3年1月15日

モニタリング指標に係る状況について

 大阪府では、5月5日に開催した「第15回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」にて、感染拡大・収束状況を判断するための独自指標・基準となる「大阪モデル」を作成し、指標の状況を日々モニタリング、「見える化」しています。

 大阪モデルについては、7月3日に開催した「第20回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」にて、修正「大阪モデル」を決定し、
また、12月14日に開催した「第32回」同会議にて「府民に対する非常事態解除の基準」を決定、同日から運用を開始しています。

大阪モデル モニタリング指標の状況について

大阪モデル モニタリング指標の状況(1月15日) [Excelファイル/345KB]

分析事項 モニタリング
指標

1月15日
現在

府民に対する
警戒の基準

府民に対する
非常事態の基準
府民に対する
非常事態解除の基準
府民に対する
警戒解除の基準
1.市中での感染拡大状況(1)新規陽性者における感染経路不明者7日間移動平均前週増加比

1.22

(1)2以上
かつ
(2)10人以上

(2)新規陽性者における感染経路不明者数7日間移動平均

291.14

(2)10人
未満

【参考(1)】新規陽性者における感染経路不明者の割合

57.2%

2.新規陽性患者の拡大状況(3)7日間合計新規陽性者数
(うち後半3日間)

3729
(1696)

120人以上
かつ
後半3日間で
半数以上

(4)直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数42.30

0.5人
未満

【参考(2)】陽性率(7日間)

8.8%

3.病床等のひっ迫状況(※)(5)患者受入重症病床使用率
(重症患者数÷確保病床数)

79.2%
(187/236)

70%以上
(「警戒(黄色)」信号が点灯した日から起算して25日以内)

7日間連続
60%未満

60%
未満

【参考(3)】患者受入軽症中等症病床使用率
(軽症中等症患者数÷確保病床数)

70.0%
(962/1375)

【参考(4)】患者受入宿泊療養施設部屋数使用率
(宿泊療養者数÷確保部屋数)

54.0%
(1091/2019)

大阪モデルについては、感染状況を踏まえながら、今後見直しを検討する。

(※) 1月15日現在
 ・患者受入重症病床運用率(重症患者数÷実運用病床数) 86.2%(187人/217床) うち、大阪コロナ重症センター(16人/25床)
 ・患者受入軽症中等症病床運用率(軽症中等症患者数÷実運用病床数) 74.7%(962人/1288床) 
 ・患者受入宿泊療養施設部屋数運用率(宿泊療養者数÷実運用部屋数) 54.0%(1091人/2019室)

大阪モデルについて

   「大阪モデル」の修正について(12月14日より運用)[その他のファイル/61KB]

  大阪モデルの考え方及びモニタリング指標について(7月3日より運用)[その他のファイル/59KB]

【(参考)5月5日「大阪モデル」のモニタリング指標及びその基準について】
  大阪モデル(5月5日から7月2日まで) [その他のファイル/55KB]
 ・5月5日 「第15回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」
(資料3−1)にて決定。
 ・(参考) 大阪モデルにおける注意喚起(黄色)点灯の運用について(5月23日作成) [その他のファイル/64KB]

【7月3日 大阪モデル変更に至る経緯】
 ・ 6月22日 第3回 「大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」(資料2)
 ・ 6月29日 第19回 「大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」(資料3)
 ・ 7月3日  第20回 「大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」(資料1)

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策課 企画推進グループ

ここまで本文です。