新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)を代理申請・受領される医療機関及び個人申請の方へ

更新日:令和2年10月19日

お知らせ

医療機関等からの申請は10月末まで

New  令和2年10月19日 申請受付期間を更新しました。

 慰労金交付申請についての補正等について 

 9月末までに約13,000医療機関等(府内医療機関等の約80%)から約31万人分の申請を受領しています。慰労金等の振込みは、概ね、大阪府国保連合会における申請書等の受付の翌月下旬となる予定ですが、下記の場合は審査に時間を要します。なお、申請月の翌月末に振込ができない場合は、大阪府国保連合会からの振込ではなく大阪府からの振込となります。補正等が必要な場合は、慰労金事務局(06-6210-2383)から順次、連絡をさせていただきますので、ご了承ください。

・20万(あるいは10万円)の申請者が含まれている場合
・従事者等に他機関で勤務している者が含まれている場合
・他の医療機関等で重複申請されている可能性がある者が含まれている場合
・申請書の内容に記載漏れや記載誤りがあり、補正が必要な場合
など

 他の医療機関等(介護事業所、福祉施設等を含む)と重複申請をされている事例が数多く見つかっております。医療機関等におかれましては、申請前に従事者等から委任状を徴取していただき、他の医療機関等での申請をしていないことを確認したうえで、代理申請していただくようお願いします。なお、委任状を従事者等から徴取していないにも関わらず、委任状徴取「済」として申請された場合、慰労金規則第6条第3号(提出した書類に記載された内容に虚偽が判明したとき)に該当するものとして、医療機関等(受任事業所設置者)に対して、慰労金の不支給、交付決定の取消し、慰労金の返還のほか、加算金(受領した日から納付した日までの日数に応じて年10.95%)等の納付を求めることがありますので、十分にご留意いただくようお願いします。

New  令和2年10月13日 よくあるお問い合わせ、申請方法等に関するお問い合わせを更新しました。

ただいま、コールセンターに多くの問い合わせをいただいております。
申請書作成にあたっては、
必ず「よくあるお問い合わせ」「申請書作成上の注意点」を確認してください

よくあるお問い合わせはこちら [PDFファイル/713KB]
申請書作成上の注意点 [PDFファイル/811KB]

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給はこちら
障がい福祉サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給はこちら

慰労金交付事業の流れ

慰労金は、原則として医療機関等に代理申請・受領していただくことになります。

慰労金交付事業のフロー [PDFファイル/234KB]

※    本事業では、審査・支給に関する業務を「パーソルテンプスタッフ株式会社」に委託しています。
  従って、本慰労金の審査・支給の事務に関する個人情報を、パーソルテンプスタッフ株式会社に提供します。
  (そのことについては、代理申請・受領の委任状において同意していただくこととなっております。)
  また、パーソルテンプスタッフ株式会社から、申請に関する確認連絡等をさせていただくことがあります。
  なお、大阪府庁舎での対面での申請受付・相談はお受けしていません。

支給対象・支給額

新型コロナウイルス感染症患者を入院診療等していない医療機関等に勤務し、患者と接する医療従事者等も、慰労金の給付対象となりえます。

詳細はこちらでご確認ください。

申請受付期間

令和2年7月27日(月曜日)から同年9月30日(水曜日)まで
ただし、申請受付期間内に申請が困難な方は、当面の措置として、令和2年10月31日(土曜日)まで申請を受け付けます。
当面の措置は10月限りとさせていただきますので、10月15日から10月31日までが医療機関等を通じた最終受付期間となります。

(注1)
ただし、本申請受付業務の受託先である大阪府国保連合会の診療報酬提出時期と重ならないようにするため、医療機関等による申請の受付期間は、毎月15日から月末までの間となります。したがって、10月1日から10月14日までは、システム上、受付ができない期間となりますので、ご注意ください。

申請手続き等

医療機関等による申請方法

【医療機関における申請作業フロー】
 

申請のフロー

【申請の方法】

 (1)申請書等(エクセルファイル)をダウンロードして、デスクトップに名前を付けて保存してください。
   ダウンロードは
こちら(外部サイト)

    ※申請書等のファイルの使用推奨環境は、WindowsでExcel2013以降となります。 

    ※申請書作成にはマクロを有効にしていただく必要があります。 Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする(外部サイト)
      参考資料:マクロを有効にする方法(Microsoft Excel 2016) [PDFファイル/532KB]
             マクロを原則無効として、警告表示が表示された際に有効化する手順です。
             Excelのバージョン等により、手順が異なることがあります。

    ※やむを得ず申請書(紙媒体)を希望される場合
      以下の
「(4)(ウ)紙での申請を希望される方」からダウンロードしてください。
      申請書をダウンロードできない方は、申請書を郵送により請求することができます。 
      
各種書類を郵送で請求する方法をご覧ください。

(2)申請書等に必要事項を入力してください。  申請書類の入力方法 [PDFファイル/3.14MB]

(3)申請書等(エクセルファイル)のシート「最初に読んでください」の提出用ファイルボタンにより、提出ファイルを出力してください。     

(4)提出用ファイルを提出してください。  申請書類の提出方法 [PDFファイル/791KB] 

(ア)原則
   オンライン請求システムを利用してください。
   オンライン請求システムを利用できない場合:
Web申請システム(外部サイト)を利用してください

(イ)CDでの申請を希望される方
   上記(1)から(3)により提出用ファイル(xlsx形式)を作成していただき、CDに保存して下記提出先に郵送してください。

   注意ダウンロードした申請書等ファイル(xlsm形式)をそのまま提出できません。

(ウ)紙での申請を希望される方
   原則として、大阪府国民健康保険団体連合会を通じて、オンライン請求システム、Web申請システム等を利用し、
  請求していただくこととしておりますが、それらの方法が困難である方は、以下の様式をご利用ください。

   ただし、紙申請の場合は、審査に時間を要することから振込が遅れる可能性があります。ご了承ください。
    また、申請書を手書きされる際は、楷書で丁寧に記載いただきますようお願いします。

      注意:必ず記載要領、記載例をお読みください

  ※ver1.2 では以下のとおり様式を修正していますが、以前のバージョンで申請いただいても受付します。
         (ver1.2修正点)
      ・様式2別紙、様式5別紙について、自治体病院のみ記載する欄(個人ごとの口座番号情報)を削除
          (紙申請をされる医療機関等のほとんどが記載不要の欄であるため)
      ・その他、記載例の誤記修正、よりわかりやすい記載例への修正など

     (1)記載要領
       ・記載要領 [PDFファイル/528KB]
     (2)記載例及び記載様式(エクセルファイル)
       ・記載例_記載様式 [Excelファイル/1.4MB]
     (3)一括印刷版(PDFファイル)
       ・記載例 [PDFファイル/879KB] [PDFファイル/879KB]
       ・様式(一括印刷版) [PDFファイル/698KB]

(エ)CD、紙申請における提出先
    大阪府国民健康保険団体連合会
     〒540-0028 大阪市中央区常磐町1丁目3番8号 中央大通FNビル内
     封筒の表面に「緊急包括支援交付金申請書 在中」と朱書きしてください。

個人からの申請方法

退職した医療従事者等で、やむをえず以前勤務していた医療機関等から申請ができない方等は、以下のとおり申請してください。

(1)提出書類

1) 大阪府新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金 個別申請書 
   
様式 [PDFファイル/215KB] 記載例 [PDFファイル/224KB]
   様式 [Excelファイル/59KB] 記載例 [Excelファイル/61KB]
  注意 必ず記載例を確認のうえ、作成してください。
  
※ 申請書をダウンロードできない方は、申請書を郵送により請求することができます。
    
各種書類を郵送で請求する方法をご覧ください。
2)本人確認書類(1の裏面に貼付してください)
3)振込先金融機関口座確認書類 写し(1の裏面に貼付してください)

※ 個別申請にあたっては、慰労金の給付対象となるか、また、給付金額がいくらになるかを審査する必要があるため、個別申請の
申請書には、対象期間中に勤務していた医療機関等が記入する「申請者の業務内容等の証明欄」を設けています。
1)医療機関等を退職等された方:
 原則として、退職した医療機関等に「申請者の業務内容等の証明欄」に記入・押印いただくか、又は勤務証明書の発行を依頼してください。
2)医療機関等から委託を受けていた事業者に勤めていたが退職された方:
 原則として、退職した事業者を通じて、委託元の医療機関等に「申請者の業務内容等の証明欄」に記入・押印いただくか、勤務証明書の発行を依頼してください。 (委託事業者ではなく医療機関等の証明が必要です。)

(2)申請方法

上記(1)の提出書類をそろえて、下記の提出先まで郵送してください。
封筒の表面には「医療 個人申請書  在中」と朱書きしてください。
受付期間:令和2年9月1日(火曜日)から
9月30日(水曜日)まで

ただし、申請受付期間内に申請が困難な方は、当面の措置として、令和2年
11月30日(火曜日)まで申請を受け付けます。
(10月19日更新:個人申請については当面の措置を11月30日(火曜日)まで延長しました)

 〒541-0056
 大阪市中央区久太郎町三丁目4番28号センバフロントビル7階
  大阪府慰労金交付事務局 医療 個人申請担当 宛て  
(参考)各種書類の提出先

慰労金の交付決定

 申請書について、都道府県において内容を確認します。慰労金等の交付決定が行われた場合、大阪府から、医療機関等に交付決定通知を送付します。

医療機関等への慰労金等の振込み

 医療機関等への慰労金等の振込みは、原則として、大阪府国保連合会から行われます。大阪府国保連合会から医療機関等に振込通知を送付した上で、診療報酬の振込用に登録されている医療機関等の口座に慰労金等が振り込まれます。
 他方、大阪府国保連合会に登録されている医療機関等の口座が債権譲渡されている場合など、大阪府国保連合会から振込みを行えない医療機関等については、大阪府において、「様式第1号 医療機関等情報」に記載された口座に慰労金等の振込みを行います。
 なお、医療機関等への慰労金等の振込みは、概ね、大阪府国保連合会における申請書等の受付の翌月下旬となる予定です。

医療従事者等への慰労金の給付の実施

 大阪府から慰労金が振り込まれた医療機関等は、医療従事者等に慰労金の給付を行ってください。給付は銀行振込みでも現金による給付でも差し支えありませんが、本慰労金は非課税の給付となりますので、給付にあたっては、誤って源泉徴収することのないよう、十分注意してください。

※ 慰労金は、所得税法の非課税規定に基づき、非課税所得に該当します。また、令和2年度ひとり親世帯臨時特別給付金等に係る差押禁止等に関する法律に基づき、受給権につて、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることが禁止され、支給を受けた金銭についても、差し押さえることが禁止されています。
※ 慰労金の給付が終了した後、医療機関等は、大阪府に対して、慰労金の給付実績を報告することとなっています。実績報告にあたっては、委託会社等の医療従事者等を含めて医療従事者等一人一人に申請額と同額の慰労金の給付が行われていることが確認できる書類、要した振込手数料が確認できる書類(銀行口座への振込みの場合のファームバンキングの振込記録、現金での受け渡しの際の自署又は押印された受領簿など)が必要になりますので、慰労金の給付を行うにあたっては、実績報告に添付する書類の準備に留意いただくようお願いします。

実績報告書の提出

 医療機関等は、委託会社等の医療従事者等を含めて、医療従事者等への慰労金の給付が完了した後1カ月以内に、大阪府に対して、慰労金の給付実績をご報告ください。

(1)提出書類(以下のアからエを揃えてください)

ア)大阪府宛実績報告鑑(様式第8号) PDF [PDFファイル/56KB]
イ)実績報告書(様式第7号)  [PDFファイル/530KB]
  様式第7号_第8号(記載例付き) [Excelファイル/32KB] 
  ※様式第8号、第7号は、申請書ファイル内に含まれる様式と同じです。 
ウ)慰労金を職員等に対して給付した際の証憑(写し可)
  ※病院長等が現金で受け取られた場合も、自署又は押印された受領簿など、受け取りが確認できる書類をご提出ください。
エ)要した振込み手数料にかかる証憑(写し可)
  ※振込手数料の不足分については、追加で支給を行うことはできません。申請の際に、1人につき1,000円未満の概算でご申請ください。

(2)提出時期

医療従事者等への慰労金の給付が完了した日から1カ月以内
ただし、複数回に分けて申請を行った場合は、最後の慰労金の給付が完了した日から1カ月以内にまとめて報告してください。 

(3)提出方法

下記の提出先に郵送により提出してください。
提出用封筒には「医療 実績報告書 在中」と朱書きいただくようお願いします。

 〒541-0056
  大阪市中央区久太郎町三丁目4番28号 センバフロントビル7階
  大阪府慰労金交付事務局 医療 実績報告担当 宛て  
(参考)各種書類の提出先

(4)参考様式

実績報告書別添  Excel [Excelファイル/18KB] PDF [PDFファイル/85KB]
実績報告書別添記載例 Excel [Excelファイル/20KB] PDF [PDFファイル/251KB]
※ 「(1)ウ)慰労金を職員等に対して給付した際の証憑」として利用できる参考様式です。
  現金での受け渡しの際の自署又は押印された受領簿としてご利用ください。
  銀行口座への振込みの場合のファームバンキングの振込記録など、他の証憑を提出していただいても結構です。

交付要綱等

 大阪府新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付要綱 [PDFファイル/71KB]
 大阪府新型コロナウイルス感染症が発生している状況において医療又は福祉に係る業務に従事している者に対する慰労金の交付に関する規則 [PDFファイル/200KB]

問い合わせ先

新型コロナウイルス緊急包括支援交付金制度に関するお問い合わせ

 厚生労働省医政局 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター
  ・電話番号 0120−786−577
  ・受付時間 平日9時30分から18時まで
  ※8月3日(月曜日)より上記番号に変更となります。
  ※お電話のかけ間違いが多くなっていますので、番号にご留意の上、お問い合わせをお願いします。

申請方法等に関するお問い合わせ

 大阪府 慰労金交付事業 コールセンター
  ・電話番号 050−3161−6019
  ・受付時間 平日9時から18時まで
    
※電話のおかけ間違いが多くなっていますので、番号にご留意の上、お問い合わせをお願いします。

 なお、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業については、大阪府庁舎等での直接の対面相談はお受けしていません。
 恐れ入りますが、ご来庁されましても、対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

申請書の修正や審査に関するお問い合わせ

 大阪府 慰労金交付事業 コールセンター(審査担当)
  ・電話番号 06−6210−2383
  ・受付時間 平日9時から18時まで

 なお、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業については、大阪府庁舎等での直接の対面相談はお受けしていません。
 恐れ入りますが、ご来庁されましても、対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

Web申請受付システム等に関するお問い合わせ

 国保中央会Web申請受付システム ヘルプデスク
   ・電話番号 0120−112−166
    ・受付時間 令和2年10月15日から10月31日まで 平日8時から17時
 
 国保中央会オンライン請求システムヘルプデスク
  ・電話番号 0120−041−422
  ・受付時間 令和2年10月15日から10月31日まで 平日8時から17時

その他

(1)個人情報等の取扱いに関して

 本事業のために新たに入手・共有された情報は本事業のみに用い、その他の目的で使用されることはありません。
 個人情報の取扱いに関して、本慰労金の審査・支給に関する事務に限り、大阪府が事務の一部を委託する事業者に提供します。そのことについては、代理申請・受領の委任状において同意していただく必要があります。

(2)関係通知等 

 ・事業の概要(外部サイト)
 ・パンフレット(外部サイト)
 ・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)のうち新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業の実施について(外部サイト)
 ・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第6版)について<慰労金部分抜粋>(外部サイト)
 ・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施に当たっての取扱いについて(外部サイト)
 ・新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)の実施について(外部サイト)

(3)参考

各種書類を郵送で請求する方法 [PDFファイル/333KB]
書類を郵送で提出する際の提出先等 [PDFファイル/508KB]

   

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策課 病院支援グループ

ここまで本文です。