新型コロナウイルス対応状況管理システム

更新日:令和2年5月5日

新型コロナウイルス感染症対策に関する大阪府における管理システム

★お知らせ★

New 2020年04月28日(火曜日) ホームページを作成しました

    2020年04月20日(月曜日) 本システムを稼働開始(健康観察)しました

    2020年04月17日(金曜日) 健康観察オンライン入力システムの利用規約を作成しました

概要

 新型コロナウイルス発生以来、大阪府ではこれまで保健所や各対応班がそれぞれExcel等に入力していた各種情報を、ウェブシステムへ一元管理を行うシステムを開発した。各所管から、システムへリアルタイムに入力された情報から、感染状況や病院等施設の空き状況等を集計・グラフ化して、最新情報を速やかに共有し、患者受入先調整等の業務を効率化を目的としている。
 また、患者がパソコンやスマートフォンからオンラインで健康観察(体温や症状変化等の報告)できるウェブ入力フォームを用意、健康観察にかかる患者や保健所等の負担軽減、事務効率化をはかり、今後感染者が増加した場合にも迅速に対応できる体制を整えた。

 gainengaiyou2

主な機能

 (1)患者情報、感染状況等の各種情報の入力・集計  →最新情報の速やかな共有

 (2)病院・宿泊施設等の空き状況の見える化            →患者受入先調整等の業務効率化

 (3)健康観察のオンライン化                                 →健康観察にかかる負担軽減・事務効率化

kinou

 本システムで実現されること

jitugen

健康観察オンライン入力システム利用規約

【個人情報の取り扱いについて】

本収集内容は、『感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第15条(感染症の発生の状況、動向及び原因の調査)』に基づくものであり大阪府個人情報保護審議会での事前審議は不要であるが、一度回答した情報を患者が参照できることから、事後報告は必要である。また、本人以外のものから、個人情報を収集することは可能である。

 本人収集原則の例外事項(条例第7条第3項第7号):病院、保健所等の機関が診療行為、疾病予防等のために本人の家族等から本人に関する個人情報を収集する場合

よくある質問

Q 患者がこのシステムで入力する際、スマホ以外に、PCでも入力可能か?
A パソコンでも入力可能です。リーフレットのURLからログイン画面に入っていただけます。

Q 濃厚接触者の健康観察にも、このシステムを活用していいか?
A 濃厚接触者の健康観察につきましても、各保健所においてご活用いただけるよう、自宅療養者用健康観察システムと同様のシステムを作成いたしました。このシステムは、濃厚感染者の健康観察を行うにあたって、保健所における業務の負担を少しでも軽減するために作成したものであり、システムの利用は必須ではありません。各保健所において、必要に応じてご活用下さい。

お問合せ

システム運用に関する事  大阪府 健康医療部 保健医療室 医療対策課 新型コロナウイルス感染症対策 患者情報管理班
                  06-4397-3212 coronataisaku17@gbox.pref.osaka.lg.jp

システム開発に関する事  大阪府 スマートシティ戦略部 スマートシティ戦略総務課 調整グループ
                  06-6944-6982

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 

ここまで本文です。