大阪IRの事業化に関するアドバイザーについて

更新日:平成31年4月15日

大阪IR(統合型リゾート)の事業化を進めるにあたっては、府市の事務を支援するため、アドバイザーを設置しています。 
  参考:大阪IR(統合型リゾート)の事業化に関するアドバイザリー業務の企画提案公募について

なお、下記アドバイザー及びこれらの者と一定の資本的・人的関係等のある者については、主に次のような行為を禁止しています。
(制限開始日:平成301019日)

  (1) PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区)
  (2) PwCアドバイザリー合同会社(東京都千代田区)
  (3
  岩田合同法律事務所(東京都千代田区)
  (4)
  弁護士法人興和法律事務所(大阪市中央区)
  (5)  佐野法律事務所(大阪市中央区)
  (6)  大知法律事務所(東京都千代田区)
  (7) 浅井謙建築研究所株式会社(東京都港区)
  (8) 株式会社エスパシオコンサルタント(東京都中央区)

  (9) 株式会社近畿日本コンサルタント(大阪市北区)

 <禁止行為>
  ・
  大阪IRの事業者公募等に応募する応募企業、応募グループの構成員又はその協力者となること
  ・  大阪IRに関する事業参入等に係るコンサルティング業務を民間事業者に対し行うこと
  ・  国内の大阪以外の地域でのIR事業参入等に関して、民間事業者に対しコンサルティング業務を行うこと
  ・  他の地方公共団体に対し、IR事業者の公募・選定手続又は区域認定手続に関するアドバイザーとなること
  ・  IR事業者(候補者を含む)との間で、府市支援業務以外での打合せ・面会、又は贈答、飲食及び接待
     その他の厚遇に関する不適切なやりとりを行うこと
  ※大阪IRアドバイザー業務の担当者のみに対する禁止事項

禁止行為の詳細については、下記を参照ください。
(「大阪IR(統合型リゾート)の事業化に関するアドバイザリー業務の企画提案公募」における応募書類より抜粋)
  
仕様書別紙3(利益相反行為の制限等)[PDFファイル] 
  仕様書別紙3(利益相反行為の制限等)[Wordファイル/39KB]
  

このページの作成所属
IR推進局 推進課 調整グループ

ここまで本文です。