都市計画道路 三国塚口線 道路整備事業の紹介

更新日:令和元年5月22日

事業の概要

路線名都市計画道路 三国塚口線
事業箇所豊中市庄内栄町から庄内西町
事業年度平成25年度から平成34年度予定(事業化区間L=1,060m)
問い合わせ先池田土木事務所 建設課 道路整備グループ  電話:072−752−4111(代表)

三国塚口線は、国道176号を起点とし、兵庫県側で整備が進む山手幹線に接続する延長約1.6km(幅員27m、25m)の都市計画道路です。歩行者の安全確保や渋滞対策など地域交通の円滑化に効果の高い交差点部から整備を行っていくこととしており、豊中市が防災環境軸として整備を進める穂積菰江線との交差点部は暫定的な整備を完了しています。(写真左)

現在は、大阪池田線から176号までの区間に着手し、用地買収に取り組んでいます。用地買収完了後は、順次工事に着手していきます。

※写真(右)は買収後の用地管理を行っている状況です

    暫定整備       用地買収

 

このページの作成所属
都市整備部 池田土木事務所 道路整備グループ

ここまで本文です。