まちづくり支援

更新日:令和2年8月26日


 インフラの新たな利活用による、公民連携のまちづくりを進めています。


池田土木事務所のまちづくり支援の活動事例

水辺の楽校in初谷川

 「大阪みどりの100選」にも指定されている初谷川の良質な自然資産を活用し、吉川自治会主催による水辺の楽校を開催しています。
これにより、地域住民のシビックプライドの醸成と川遊び客などのマナーアップにも繋げています。

主催:豊能町吉川自治会
共催:池田土木事務所 

初谷川での水辺の楽校

初谷渓谷憩いの場プロジェクト

大阪府の最北端鉄道駅「妙見口駅」から徒歩で行けるアクセスの良さと絶対的な良質の自然資産を活かしたプロジェクトです。

 「大阪みどりの100選」にも指定されている初谷川の水と緑豊かなハイキング道の初谷渓谷に憩いの場として、吉川自治会とのせでんアートライン実行委員会によってアート作品を設置しました。

初谷渓谷憩いの場

のせでんアートライン

 2013年に能勢電鉄100周年事業としてスタートし、2年に一度開催される芸術祭の実行委員会に池田土木事務所もメンバーとして参画しています。

能勢電鉄沿線の1市3町(豊能町・能勢町ならびに兵庫県川西市・猪名川町)と兵庫県阪神北県民局、能勢電鉄(株)等が参画する実行委員会は、公民連携による様々なインフラ活用を生み出すプラットフォームになっています。

のせでんアートライン2019(外部サイト)
のせでんアートライン2019のロゴ

のせでんアートライン2017(外部サイト)     
のせでんアートライン2017ロゴ

のせでんアートライン2015(外部サイト)
のせでんアートライン2015ロゴ

のせでんアートライン2013外部サイト)
のせでんアートライン2013ロゴ

 

このページの作成所属
都市整備部 池田土木事務所 地域支援・防災グループ

ここまで本文です。