芥川・ひとと魚にやさしいプロジェクト

更新日:平成31年4月8日

芥川創生基本構想について

アユをシンボルとして、芥川流域の自然を守り育てて豊かな生態系の回復を目指し、水や生き物との触れ合いや人との交流を通じて豊かな心を育める「ひとと魚にやさしい芥川」をつくっていくことを基本理念として、高槻市民のみなさんと大阪府・高槻市が協働で『芥川創生基本構想』を作成しました。
本構想に基づく3つの目標(多くの命を支える川、楽しみ憩う、清らかな水が流れる川と安全な暮らし)の実現に向けて、住民、行政が協働してさまざまな活動に取り組んでいます。

『芥川創生事業』『芥川創生基本構想』については高槻市都市創造部下水河川企画課ホームページ(外部サイト)

主な活動内容

アユの遡上調査、水辺の楽校、芥川クリーンアップ大作戦、ミズヒマワリ駆除、川づくり検討会、広報啓発活動(こいのぼりフェスタ、あくあぴあふれあいフェスタ、機関紙「芥川水辺だより」の発行)など

鮎の遡上調査水辺の楽校芥川クリーンアップ大作戦こいのぼりフェスタ
鮎の遡上調査水辺の楽校芥川クリーンアップ大作戦こいのぼりフェスタ

水辺だより

機関紙「芥川水辺だより」を発行しています。(年3回)

水辺だより Vol.32 2018年秋号 [PDFファイル/2.08MB] / 水辺だより Vol.32 2018年秋号(Word変換版) [Wordファイル/5.63MB]

水辺だより Vol.33 2019年アユ特集号 [PDFファイル/1.01MB] / 水辺だより Vol.33 2019年アユ特集号(Word変換版)[Wordファイル/4.50MB]

このページの作成所属
都市整備部 茨木土木事務所 地域支援・防災グループ

ここまで本文です。