福祉人材センター運営事業(離職した介護人材の届出制度含む)

更新日:平成30年6月15日

大阪福祉人材支援センター

 福祉・介護サービスに対する府民の理解や関心を高めるとともに、福祉・介護の現場における安定した人材の確保・定着を図るため、各種事業を実施しています。

  (事業内容) ・福祉分野の無料職業紹介事業

          ・広報・啓発事業(求人・求職情報の提供)

          ・求職者向けセミナー等の開催、求職相談

          ・民間社会福祉施設合同求人説明会

          ・福祉・介護人材確保・定着に関する調査

          ・福祉人材センターを通して就職した方へのフォローアップ

 

  求人・求職登録だけでなく、福祉の資格取得方法等、福祉に関するご相談に応じています。

   ⇒ 詳しくはこちらの大阪福祉人材支援センターのホームページ(外部サイト)まで

介護福祉士等の資格をお持ちの皆さまへ

 社会福祉法の改正により、介護福祉士資格をお持ちの方は、平成29(2017)年4月1日から離職時に大阪福祉人材支援センターに届け出ることが努力義務となりました。
 介護福祉士の資格をお持ちの方は、離職時に大阪福祉人材支援センターに届出をお願いします。インターネットからの届出が可能です。
 既に離職されている方、介護職員として就業中の方、さらに、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方も努力義務はありませんが、できるだけ届出をお願いします。
  なお、届出された方には、大阪福祉人材支援センターが復職支援のためのセミナーや求人情報などのサポートをいたします。


 
届出先      社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・大阪福祉人材支援センター
           社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・大阪福祉人材支援センターのページ(外部サイト)
           電話      06−6762−9020(平日午前9時から午後5時受付)
           ファクシミリ  06−6764−1574(24時間受付)
           住所 大阪市中央区中寺1−1−54

           介護福祉士等の資格をお持ちの皆さまへ  [PDFファイル/181KB]

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室福祉人材・法人指導課 人材確保グループ

ここまで本文です。