○大阪府青少年健全育成条例第50条第2項及び第3項に基づく立入調査の実施に関する規則

平成21年2月20日

大阪府公安委員会規則第6号

〔大阪府青少年健全育成条例第43条第2項及び第3項に基づく立入調査の実施に関する規則〕を次のように定める。

大阪府青少年健全育成条例第50条第2項及び第3項に基づく立入調査の実施に関する規則

(平23公委規則8・平30公委規則8・改称)

(趣旨)

第1条 この規則は、大阪府青少年健全育成条例(昭和59年大阪府条例第4号。以下「条例」という。)第50条第2項の規定による立入調査又は質問若しくは資料の提出の要求を行う者及び同条第3項に規定する証明書の様式を定めるものとする。

(平23公委規則8・平30公委規則8・一部改正)

(立入調査等を行う者)

第2条 条例第50条第2項の公安委員会規則で定める者は、次に掲げる者とする。

(1) 大阪府警察本部生活安全部少年課の警察職員

(2) 警察署の生活安全課(生活安全刑事課を含む。)の警察官

(3) 前2号に掲げるもののほか、公安委員会が指定する警察官

(平23公委規則8・平30公委規則8・一部改正)

(証明書)

第3条 条例第50条第3項の公安委員会規則で定める証明書は、警察官にあっては警察法(昭和29年法律第162号)第68条第2項の規定に基づき当該警察官が貸与された警察手帳、警察官以外の警察職員にあっては別記様式の身分証明書とする。

(平23公委規則8・平30公委規則8・一部改正)

附 則

この規則は、平成21年2月23日から施行する。

附 則(平成23年公委規則第8号)

この規則は、平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成30年公委規則第8号)

この規則は、平成30年7月1日から施行する。

(平30公委規則8・全改)

画像

大阪府青少年健全育成条例第50条第2項及び第3項に基づく立入調査の実施に関する規則

平成21年2月20日 公安委員会規則第6号

(平成30年7月1日施行)

体系情報
第5編 生/第2章 青少年対策
沿革情報
平成21年2月20日 公安委員会規則第6号
平成23年6月24日 公安委員会規則第8号
平成30年6月11日 公安委員会規則第8号