○大阪府食の安全安心推進条例施行規則

平成十九年十月十二日

大阪府規則第百二号

大阪府食の安全安心推進条例施行規則をここに公布する。

大阪府食の安全安心推進条例施行規則

(趣旨)

第一条 この規則は、大阪府食の安全安心推進条例(平成十九年大阪府条例第七号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条 この規則の用語の意義は、条例の定めるところによる。

(特定事業者である食品等を販売することを営む者)

第三条 条例第二条第六項第二号の規則で定める者は、氏名(法人にあっては、名称又は略称)その他の自己を示す文字、記号その他のもの(商標を含む。)を表示した食品等の販売者とする。

(平二四規則二六・平二七規則六一・一部改正)

(自主回収の報告)

第四条 条例第二十条第一項第二号の規則で定める基準は、次に掲げる基準とする。

 食品表示基準(平成二十七年内閣府令第十号。以下「令」という。)第三条第一項の表保存の方法の項、第十条第一項(同項第二号に係る部分に限る。)、第三十二条第一項の表保存の方法の項及び同条第三項(同項第三号に係る部分に限る。)に規定する表示の基準

 令第三条第一項の表消費期限又は賞味期限の項、第十条第一項(同項第三号に係る部分に限る。)、第三十二条第一項の表消費期限又は賞味期限の項及び同条第三項(同項第四号に係る部分に限る。)に規定する表示の基準

 令第三条第二項の表別表第十四に掲げる食品(以下「特定原材料」という。)を原材料とする加工食品(当該加工食品を原材料とするものを含み、抗原性が認められないものを除く。)及び特定原材料に由来する添加物(抗原性が認められないもの及び香料を除く。以下同じ。)を含む食品の項、第十条第一項(同項第八号に係る部分に限る。)、第三十二条第二項の表特定原材料に由来する添加物の項及び同条第三項(同項第七号に係る部分に限る。)に規定する表示の基準

2 条例第二十条第一項の規定による報告は、自主回収着手報告書(様式第一号)を提出することにより行わなければならない。

(平二四規則二六・平二七規則八・平二七規則六一・一部改正)

(自主回収の終了報告)

第五条 条例第二十一条第三項の規定による報告は、自主回収終了報告書(様式第二号)を提出することにより行わなければならない。

附 則

この規則は、平成二十年四月一日から施行する

附 則(平成二四年規則第二六号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二七年規則第八号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二七年規則第六一号)

この規則は、平成二十七年四月一日から施行する。

(平24規則26・平27規則61・一部改正)

画像画像

画像画像

大阪府食の安全安心推進条例施行規則

平成19年10月12日 規則第102号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第6編 生/第4章 食品衛生
沿革情報
平成19年10月12日 規則第102号
平成24年3月23日 規則第26号
平成27年2月20日 規則第8号
平成27年3月30日 規則第61号