○警察功績者表彰規則

昭和30年7月1日

大阪府公安委員会規則第6号

(目的)

第1条 この規則は、大阪府公安委員会(以下「委員会」という。)が行う表彰に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰の種別)

第2条 委員会の行う表彰は、次の2種とする。

(1) 表彰状

(2) 感謝状

2 前項の表彰には、副賞を付与することができる。

(表彰の条件)

第3条 表彰状は、大阪府警察職員(以下「職員」という。)として特に功労のあつた者に対して授与する。

2 感謝状は、職員以外の者で、次に掲げる事項について顕著な功労のあつた者、または団体その他の機関(以下「部外者」という。)に対して贈呈する。

(1) 人命の救助

(2) 水、火災その他の災害または変事における警戒及び防護

(3) その他警察に対する協力

(表彰手続)

第4条 表彰は、大阪府警察本部長から具申のあつたものについて、委員会が審査の上、決定する。

2 表彰の具申書には、次の事項を具備しなければならない。

(1) 表彰の種別

(2) 功労の概要

(3) 功労の部内外に与えた影響

(4) 職員にあつては、経歴、性行、過去における賞罰及び平素の勤務成績

(5) 部外者にあつては、過去における警察に対する状況

(6) その他参考となる事項

(死亡時の表彰)

第5条 表彰を受ける者が、表彰前に死亡したときは、生前にさかのぼつて表彰する。

(その他必要な事項)

第6条 その他この規則を実施するについて必要な事項は、その都度委員会において定める。

附 則

1 この規則は、昭和30年7月1日から施行する。

2 大阪府警察表彰規則(昭和29年大阪府公安委員会規則第8号)は、これを廃止する。

警察功績者表彰規則

昭和30年7月1日 公安委員会規則第6号

(昭和30年7月1日施行)

体系情報
第14編 察/第2章
沿革情報
昭和30年7月1日 公安委員会規則第6号