○博物館の登録に関する規則

平成四年三月三十一日

大阪府教育委員会規則第五号

博物館の登録に関する規則をここに公布する。

博物館の登録に関する規則

(趣旨)

第一条 この規則は、博物館法(昭和二十六年法律第二百八十五号。以下「法」という。)第十六条の規定に基づき、博物館の登録に関し、必要な事項を定めるものとする。

(登録原簿)

第二条 法第十条の規定により、大阪府教育委員会(以下「委員会」という。)に備える博物館登録原簿は、様式第一号とする。

(登録の申請)

第三条 法第十一条第一項の規定による登録申請書は、次のとおりとする。

 地方公共団体の設置するものにあっては、様式第二号

 一般社団法人若しくは一般財団法人又は宗教法人の設置するものにあっては、様式第三号

2 法第十一条第二項の規定による博物館資料の目録は、様式第四号とする。

(平二〇教委規則二二・一部改正)

(登録要件の審査等)

第四条 委員会は、法第十二条の規定による登録要件の審査及び法第十四条第一項の規定による登録の取消しに当たり必要があるときは、資料の提出を求め、実地調査を行い、又は学識経験者若しくは専門機関からの意見を聴取することができる。

(登録事項等の変更)

第五条 法第十三条第一項の規定による変更の届出は、様式第五号によりその都度行うものとする。ただし、博物館資料の目録の軽微な変更については、毎年三月末日までに届け出るものとする。

(陳述の方法)

第六条 法第十四条第二項の規定による陳述は、委員会が指定した日から三十日以内に口頭又は書面により行うものとする。

(博物館の廃止)

第七条 法第十五条第一項の規定による廃止の届出は、その事由の生じた日から二十日以内に様式第六号により行わなければならない。

(公示)

第八条 委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その旨を公示するものとする。

 法第十条の規定による登録をしたとき。

 法第十三条第二項の規定による変更登録をしたとき。

 法第十四条第一項の規定による登録の取消しをしたとき。

 法第十五条第二項の規定による登録のまっ消をしたとき。

附 則

この規則は、平成四年四月一日から施行する。

附 則(平成九年教委規則第一三号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の規則で定める様式により作成した用紙は、当分の間、所要の調整をした上、この規則による改正後の規則で定める様式により作成した用紙として使用することができる。

附 則(平成二〇年教委規則第二二号)

この規則は、平成二十年十二月一日から施行する。

附 則(平成三一年教委規則第一六号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の博物館の登録に関する規則の様式により提出されている申請書その他の書類は、改正後の博物館の登録に関する規則の様式により提出された申請書その他の書類とみなす。

画像

(平9教委規則13・平31教委規則16・一部改正)

画像

(平9教委規則13・平20教委規則22・平31教委規則16・一部改正)

画像

画像

(平9教委規則13・平31教委規則16・一部改正)

画像

(平9教委規則13・平31教委規則16・一部改正)

画像

博物館の登録に関する規則

平成4年3月31日 教育委員会規則第5号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第13編 教育文化/第5章 社会教育/第4節 その他
沿革情報
平成4年3月31日 教育委員会規則第5号
平成9年9月1日 教育委員会規則第13号
平成20年11月28日 教育委員会規則第22号
平成31年4月1日 教育委員会規則第16号